山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
またまた西上州へ
立岩CIMG5146
4月に登った四ツ又山と鹿岳(かなたけ)が見えてます

下仁田ICから鹿の角のような鹿岳がみえています
今日はさらに西に進みまして、荒船山の南側にある
「上州のドロミテ」ともいわれる岩壁の山立岩(たついわ)へ向かいます
Tさんが最近、岩のある所へ行きたいっていうもんだから・・・・
南牧リストから選んだ山はコレでした
またまたお世話になります南牧村(なんもくむら)
(ちなみに南牧村は高齢化日本一だそうです)

南牧村の山にはドロミテだの、マッターホルンだの、、、国際的な響きの名称がありますよ♪
村のHPには山の紹介マップがあります→ 西上州の山歩き



あれかな~?
立岩CIMG5149

山の上まで民家が続かった細い道を上がっていきます
よくまぁ~・・・あんな高い所にまで家が・・・という感じの集落です


民家が無くなった更に上、線ヶ滝の上に駐車場がありました
立岩CIMG5150
今日もいっちば~ん
直ぐに千葉NO、群馬NOが到着


準備をして出発です ここから荒船山へも行けるんだよ
CIMG5151-COLLAGE.jpg
薄暗いなんともジメッとした森へ入っていきます
昨夜は雷雨があったようで地面いっぱいに水分を含んでいますの


なので丸太の橋はツルンツルン
立岩CIMG5154
恐怖の丸太三連橋を振り返って


杉林の中には二人静
立岩CIMG5155
これ、いっぱい群落になっています(他に花は無し~・・・)


大きくジグザグに登ってる途中で
立岩CIMG5157
おい暑いぜ~・・・・
今日は今シーズン一番の暑さだってよ
だれだよ・・・・群馬のあっつ~い山を選んだのは^^;こういう日は高原でしょ

尾根の向きで風の温度が変わります
今日は強風なので、始終吹いているからまだいい方だよ


杉林を抜けると
立岩CIMG5159
緑豊かな森へ
山頂までこの雰囲気で連れてってほしい・・・・


でもここはドロミテ^^;
立岩CIMG5160
岸壁が近いのでしょうか
左に岩がポコポコと出てきましたよ

右の谷の中では鹿が甲高い声で鳴いています


水の通り道
立岩CIMG5161
土砂と共に流され抉れてます
水分たっぷりなので滑ります^^;


次は泥道を直登!群馬のおっちゃん登る
立岩CIMG5162
けっこうな斜面で・・・鎖が頼り
ホント、ドロミテ・・なんてね^^;


岸壁が迫ってきました
立岩CIMG5163


きたー!!ドロミテ!
立岩CIMG5168
右と左の岩峰の間を登っていきます
右が東立岩かしら・・・
途中で追い越して行った群馬のおっちゃんが登っています
(地元の人なのでドロミテに通って何十年の人かしら・・・と想像していました)



ちょっと。。。よく見ると、全部石が浮いてるよ・・・
たついわ CIMG5169
昨晩の強雨のせいでしょうか、人があまり入らないからでしょうか・・・
全体的に登山道の石は浮いている感じ・・・・


慎重に登っていくと、、更に!
たついわCIMG5171
岩を削って斜めに道がぁ~・・・・
Tさん、、道幅めいっぱいだし
岩も濡れているし、苔も生えてるから滑るのよ^^;
一番狭い所は足場も安定しなくてちょっと怖かったわ


ここを超えると、尾根に出ました 東岩と西岩のコルかな
尾根はいくぶんなだらかでベンチもあったりして、、、ちょいと休憩


今度は尾根沿いに進みますが、これまた危険
たついわCIMG5172
細い岩もありますって
気が抜けない・・・


周りの景色はこんな感じ
たついわCIMG5175
雑木林の中に岩峰がニョキニョキしてます


基本的に新しい赤テが付いてますが、一箇所ここの手前に岩峰の左に続く大きな踏み跡と赤テ
そしてもう一つ、正面の森の中遠くに赤テがありました
左の踏み跡しっかりな方へいくと
岩峰をへつらなきゃいけない感じになりました
鎖も付いてないし、藪こぎっぽくなって、左は木々があるけど、滑ったら下まで行っちゃう
これは違うと思って引き返すと
さきほどの群馬のおっちゃんもこっちに来まして・・・
ここ、道が怪しくなってるけど、、こっちかしら?と尋ねると
わしも初めてじゃ・・と
あら、、そうですか^^;(てっきり何回も登ってる人だと)
たついわCIMG5176
この岩の右の谷を登っていくのが正解


また尾根沿いを登っていくと・・・・
たついわCIMG5177


展望台に到着
たついわCIMG5178
あの岩の真ん中を抜けてきたのかしら・・・違うかな・・
眼下には道沿いに南牧村の集落も見えました


その右側 西向きになります
立岩CIMG5179
なんという名の山だかさっぱりわかりません
ただ、、緑が深い!という印象


よ~く目を凝らすと・・・・八ヶ岳!
立岩CIMG5181


展望台といってもこんな細い尾根ですれ違いは危ない・・・・
立岩CIMG5182
でも心地よい風が気持ち~^^


登りは中級者コースだけど、下りは上級者コース
でも納得^^;滑るもん
立岩CIMG5183-COLLAGE
↑こんな狭い場所にベンチがあるのよ~
でも狭いからこそ、、、ベンチなのか?!


狭い尾根をちょっといくと、山頂がありました
立岩CIMG5185
ここも尾根沿いなので狭いけど、、、
ベンチがある^^;


道標はここも3つある
立岩CIMG5190-COLLAGE
前見て、後ろ見て、斜め見てもあるのよ


撮ってよー
立岩CIMG5189
珍しくTさんが自分で移動しながらアングル設定します ニヤニヤしながら・・・
(いつもは自分じゃ絶対動かないし、その場で撮るのよ)
そのニヤニヤが怪しいと思ってたら、頭の上に山が調度合うようにしたらしい・・・・


その頭の上の山は荒船山
立岩CIMG5187
その向こうに浅間山です
手前の尾根はこれから進む道
まだけっこうな岩峰がありますよ


ここはお昼、広げられないね・・・・・
山頂だし、、後から来た人に迷惑かも・・・
ふふん♪
調べてあるのさ!ここから少し行くとベンチと展望台あるのよ!

ほんじゃそこまで行こう
立岩CIMG5195
おい、、ここあち~ぜよ
もう、ここしかないから休憩しよ


こんな景色をみながら・・・
立岩CIMG5198
これは南東方向かな~?


ベンチの近くに咲いていたヤマツツジ(花はこれくらいしか無いの)
立岩CIMG5196-COLLAGE
実家の夏みかんとゼリーで休憩  しゃがみこんで、お花さん撮ってあげるよ



道はここから急降下します
立岩CIMG5200
登りと同じで気が抜けません


この危険表示はいくつもありました
立岩CIMG5201-COLLAGE


鞍部まで下ると7mの岩峰
これが西上州のジャンダルムか!?
立岩CIMG5205
これ登るの?~
巻道を探す私^^;
無いって
鎖2本ダラ~ンだけど、足場は広いし案外大丈夫でした


その後も小さな岩峰のアップダウンがありまして
立岩CIMG5206


森の中へ
立岩CIMG5208
今、どこだよ~・・・・ベンチがあると座る


尾根が広くなりまして、気持ちがいい森になりました
立岩CIMG5213
この森の鞍部まで下っていくと・・・

コースタイムよりも随分早く威怒牟畿不動(いぬむぎふどう)への降下点に着きました

滑る斜面を下っていくと(ここも枯葉の下が泥濘んでいて滑るのよ~)


岸壁の威怒牟畿不動が見えました
立岩CIMG5218
うわ!すご!でかい!


岸壁の下に行ってみました
立岩CIMG5228


上を見ると
立岩CIMG5227
水が滝となってパラパラと落ちてるんです
水量は少なく、それがまたいい感じでなんです
清涼感~♪


正面はこんな
立岩CIMG5229-COLLAGE


帰りは滝の沢沿いに駐車場まで
立岩CIMG5232
また土砂を跨いで・・・
最後まで気が抜けません


到着 気が抜けた瞬間
立岩CIMG5235
車は6~8台
なのに、山で会ったのは二組だけ
みんな荒船山か?それとも周回ルートが同じだったから合わなかったのか?
静かな山となりました


駐車場7:07―8:52西立岩山頂8:55―9:00休憩9:25―9:58威怒牟畿不動降下点(荒船山分岐)―10:17威怒牟畿不動10:24―11:03駐車場



帰り道は道の駅 オアシスなんもくに寄って、荒船山の北側にある神津牧場へ行ってみました

道すがら荒船山の艫岩の絶景が迫ってきます
一台のヘリが近づき、岩と森林スレスレの所をヘリがホバリングしていました
誰か探しているのでしょう・・・・


神津牧場はジャージー牛の飼育だそうです
立岩CIMG5239
もう、、、Tさんは肉肉言ってるし^^;


お腹が空いたので
肉食べて、ソフト食べて、牛乳飲んで^^;
立岩CIMG5240-COLLAGE


牛見て^^;
立岩CIMG5242
牛さんの行進


ちびっこ牛も見て
立岩CIMG5246-COLLAGE
↑上の子は5月末生まれ
下の子はそれより小さかったから。。まだ生後2週間位?



メリーさん達は遠くにいた
立岩CIMG5249-COLLAGE
子ヤギさん達はあまり可愛くない^^;


ホントはもう一座、神津牧場から上がれる物見山にでも行ってみようと考えてたけど、、
雲行きが怪しいのですよ
物見山の先は八風山(あの渋滞の八風山トンネルの上ですよ)
またいつか行ってみたいと思います


おしまい

今日の一言:
西上州の山。。四ッ又山、鹿岳以外にも、あちこちの山でアカヤシオが綺麗に咲くみたいです
またその頃に^^(夏は暑いからね~


追記を閉じる▲

下仁田ICから鹿の角のような鹿岳がみえています
今日はさらに西に進みまして、荒船山の南側にある
「上州のドロミテ」ともいわれる岩壁の山立岩(たついわ)へ向かいます
Tさんが最近、岩のある所へ行きたいっていうもんだから・・・・
南牧リストから選んだ山はコレでした
またまたお世話になります南牧村(なんもくむら)
(ちなみに南牧村は高齢化日本一だそうです)

南牧村の山にはドロミテだの、マッターホルンだの、、、国際的な響きの名称がありますよ♪
村のHPには山の紹介マップがあります→ 西上州の山歩き



あれかな~?
立岩CIMG5149

山の上まで民家が続かった細い道を上がっていきます
よくまぁ~・・・あんな高い所にまで家が・・・という感じの集落です


民家が無くなった更に上、線ヶ滝の上に駐車場がありました
立岩CIMG5150
今日もいっちば~ん
直ぐに千葉NO、群馬NOが到着


準備をして出発です ここから荒船山へも行けるんだよ
CIMG5151-COLLAGE.jpg
薄暗いなんともジメッとした森へ入っていきます
昨夜は雷雨があったようで地面いっぱいに水分を含んでいますの


なので丸太の橋はツルンツルン
立岩CIMG5154
恐怖の丸太三連橋を振り返って


杉林の中には二人静
立岩CIMG5155
これ、いっぱい群落になっています(他に花は無し~・・・)


大きくジグザグに登ってる途中で
立岩CIMG5157
おい暑いぜ~・・・・
今日は今シーズン一番の暑さだってよ
だれだよ・・・・群馬のあっつ~い山を選んだのは^^;こういう日は高原でしょ

尾根の向きで風の温度が変わります
今日は強風なので、始終吹いているからまだいい方だよ


杉林を抜けると
立岩CIMG5159
緑豊かな森へ
山頂までこの雰囲気で連れてってほしい・・・・


でもここはドロミテ^^;
立岩CIMG5160
岸壁が近いのでしょうか
左に岩がポコポコと出てきましたよ

右の谷の中では鹿が甲高い声で鳴いています


水の通り道
立岩CIMG5161
土砂と共に流され抉れてます
水分たっぷりなので滑ります^^;


次は泥道を直登!群馬のおっちゃん登る
立岩CIMG5162
けっこうな斜面で・・・鎖が頼り
ホント、ドロミテ・・なんてね^^;


岸壁が迫ってきました
立岩CIMG5163


きたー!!ドロミテ!
立岩CIMG5168
右と左の岩峰の間を登っていきます
右が東立岩かしら・・・
途中で追い越して行った群馬のおっちゃんが登っています
(地元の人なのでドロミテに通って何十年の人かしら・・・と想像していました)



ちょっと。。。よく見ると、全部石が浮いてるよ・・・
たついわ CIMG5169
昨晩の強雨のせいでしょうか、人があまり入らないからでしょうか・・・
全体的に登山道の石は浮いている感じ・・・・


慎重に登っていくと、、更に!
たついわCIMG5171
岩を削って斜めに道がぁ~・・・・
Tさん、、道幅めいっぱいだし
岩も濡れているし、苔も生えてるから滑るのよ^^;
一番狭い所は足場も安定しなくてちょっと怖かったわ


ここを超えると、尾根に出ました 東岩と西岩のコルかな
尾根はいくぶんなだらかでベンチもあったりして、、、ちょいと休憩


今度は尾根沿いに進みますが、これまた危険
たついわCIMG5172
細い岩もありますって
気が抜けない・・・


周りの景色はこんな感じ
たついわCIMG5175
雑木林の中に岩峰がニョキニョキしてます


基本的に新しい赤テが付いてますが、一箇所ここの手前に岩峰の左に続く大きな踏み跡と赤テ
そしてもう一つ、正面の森の中遠くに赤テがありました
左の踏み跡しっかりな方へいくと
岩峰をへつらなきゃいけない感じになりました
鎖も付いてないし、藪こぎっぽくなって、左は木々があるけど、滑ったら下まで行っちゃう
これは違うと思って引き返すと
さきほどの群馬のおっちゃんもこっちに来まして・・・
ここ、道が怪しくなってるけど、、こっちかしら?と尋ねると
わしも初めてじゃ・・と
あら、、そうですか^^;(てっきり何回も登ってる人だと)
たついわCIMG5176
この岩の右の谷を登っていくのが正解


また尾根沿いを登っていくと・・・・
たついわCIMG5177


展望台に到着
たついわCIMG5178
あの岩の真ん中を抜けてきたのかしら・・・違うかな・・
眼下には道沿いに南牧村の集落も見えました


その右側 西向きになります
立岩CIMG5179
なんという名の山だかさっぱりわかりません
ただ、、緑が深い!という印象


よ~く目を凝らすと・・・・八ヶ岳!
立岩CIMG5181


展望台といってもこんな細い尾根ですれ違いは危ない・・・・
立岩CIMG5182
でも心地よい風が気持ち~^^


登りは中級者コースだけど、下りは上級者コース
でも納得^^;滑るもん
立岩CIMG5183-COLLAGE
↑こんな狭い場所にベンチがあるのよ~
でも狭いからこそ、、、ベンチなのか?!


狭い尾根をちょっといくと、山頂がありました
立岩CIMG5185
ここも尾根沿いなので狭いけど、、、
ベンチがある^^;


道標はここも3つある
立岩CIMG5190-COLLAGE
前見て、後ろ見て、斜め見てもあるのよ


撮ってよー
立岩CIMG5189
珍しくTさんが自分で移動しながらアングル設定します ニヤニヤしながら・・・
(いつもは自分じゃ絶対動かないし、その場で撮るのよ)
そのニヤニヤが怪しいと思ってたら、頭の上に山が調度合うようにしたらしい・・・・


その頭の上の山は荒船山
立岩CIMG5187
その向こうに浅間山です
手前の尾根はこれから進む道
まだけっこうな岩峰がありますよ


ここはお昼、広げられないね・・・・・
山頂だし、、後から来た人に迷惑かも・・・
ふふん♪
調べてあるのさ!ここから少し行くとベンチと展望台あるのよ!

ほんじゃそこまで行こう
立岩CIMG5195
おい、、ここあち~ぜよ
もう、ここしかないから休憩しよ


こんな景色をみながら・・・
立岩CIMG5198
これは南東方向かな~?


ベンチの近くに咲いていたヤマツツジ(花はこれくらいしか無いの)
立岩CIMG5196-COLLAGE
実家の夏みかんとゼリーで休憩  しゃがみこんで、お花さん撮ってあげるよ



道はここから急降下します
立岩CIMG5200
登りと同じで気が抜けません


この危険表示はいくつもありました
立岩CIMG5201-COLLAGE


鞍部まで下ると7mの岩峰
これが西上州のジャンダルムか!?
立岩CIMG5205
これ登るの?~
巻道を探す私^^;
無いって
鎖2本ダラ~ンだけど、足場は広いし案外大丈夫でした


その後も小さな岩峰のアップダウンがありまして
立岩CIMG5206


森の中へ
立岩CIMG5208
今、どこだよ~・・・・ベンチがあると座る


尾根が広くなりまして、気持ちがいい森になりました
立岩CIMG5213
この森の鞍部まで下っていくと・・・

コースタイムよりも随分早く威怒牟畿不動(いぬむぎふどう)への降下点に着きました

滑る斜面を下っていくと(ここも枯葉の下が泥濘んでいて滑るのよ~)


岸壁の威怒牟畿不動が見えました
立岩CIMG5218
うわ!すご!でかい!


岸壁の下に行ってみました
立岩CIMG5228


上を見ると
立岩CIMG5227
水が滝となってパラパラと落ちてるんです
水量は少なく、それがまたいい感じでなんです
清涼感~♪


正面はこんな
立岩CIMG5229-COLLAGE


帰りは滝の沢沿いに駐車場まで
立岩CIMG5232
また土砂を跨いで・・・
最後まで気が抜けません


到着 気が抜けた瞬間
立岩CIMG5235
車は6~8台
なのに、山で会ったのは二組だけ
みんな荒船山か?それとも周回ルートが同じだったから合わなかったのか?
静かな山となりました


駐車場7:07―8:52西立岩山頂8:55―9:00休憩9:25―9:58威怒牟畿不動降下点(荒船山分岐)―10:17威怒牟畿不動10:24―11:03駐車場



帰り道は道の駅 オアシスなんもくに寄って、荒船山の北側にある神津牧場へ行ってみました

道すがら荒船山の艫岩の絶景が迫ってきます
一台のヘリが近づき、岩と森林スレスレの所をヘリがホバリングしていました
誰か探しているのでしょう・・・・


神津牧場はジャージー牛の飼育だそうです
立岩CIMG5239
もう、、、Tさんは肉肉言ってるし^^;


お腹が空いたので
肉食べて、ソフト食べて、牛乳飲んで^^;
立岩CIMG5240-COLLAGE


牛見て^^;
立岩CIMG5242
牛さんの行進


ちびっこ牛も見て
立岩CIMG5246-COLLAGE
↑上の子は5月末生まれ
下の子はそれより小さかったから。。まだ生後2週間位?



メリーさん達は遠くにいた
立岩CIMG5249-COLLAGE
子ヤギさん達はあまり可愛くない^^;


ホントはもう一座、神津牧場から上がれる物見山にでも行ってみようと考えてたけど、、
雲行きが怪しいのですよ
物見山の先は八風山(あの渋滞の八風山トンネルの上ですよ)
またいつか行ってみたいと思います


おしまい

今日の一言:
西上州の山。。四ッ又山、鹿岳以外にも、あちこちの山でアカヤシオが綺麗に咲くみたいです
またその頃に^^(夏は暑いからね~

【2017/06/13 11:06】 | 山の記録
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック