山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
当初の目的地は「白根隠山」でした
が、諸事情により変更


変更というか、、、

私はたどり着けませんでした



朝食まで時間があったので、湯ノ湖のほとりまで20分程散策にでました
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 084-COLLAGE
またあった!大木に絡まる赤い葉っぱ見っけ!


宿を出て、ビジターセンターに車を移動
(宿からだと登山口も近くなんだけど、車、置けなかった)


また宿の前を通って、キャンプ場に来ました
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 092
ちょっと斜めってるけど気持ちが良さそう^^


横に登山口です
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 093
白根山の登山口


ここからスキー場のゲレンデの砂利道を上がっていきます
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 094
どうやら、、見えているあの稜線にあがるらしい
けっこう、、急ですわ


後ろを振り返ると男体山
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 096
ゲレンデの坂もそれなにりキツイ


我慢して登って、もう上部まできたかな~という頃




はっ・・・・


忘れ物をしたことに気がつきます


パスタ忘れた・・・

ちなみに、ルーも。。。


今日は山でパスタご飯なのです

その為に、水も余分に1L

満タンに近いガスも、コッヘルも

いつもの日帰りには持っていかない荷物を背負っているんです

それなのに、、それなのに、、肝心の具材を忘れた(車の中だよー)


前方を歩いているTさんに、「忘れ物したー」と告げます

今更ながら取りに行きたい私

Tさんはもう30分以上も歩いてるし、諦めてパンにしなーと
(パン、あげるから^^;)


がっかりして、、歩き出します


ゲレンデが終わると急坂の山道のはじまり
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 097

これがまた、中途半端な上りではありません

地図にあるとおり等高線も過密な登り

ジグザクに登るとおもいきや。。。

直登にちかいのです(小刻みなジグザクそれも2~3mの)

一息もつかせてくれません


いわゆる根っこ道ってやつで・・・
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 098
ロープだらんでここをよじ登れと・・・・


登山口の入口でトレラン2人に抜かされ、途中、こんなところから登る人いないよな~なんて思ってると、いるんですね
あとから5~6人は抜かしていったかな・・・・
抜かし際にみんな、「思ってた以上にけっこう急ですね~」ってご挨拶してった^^;
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 099
抜かして行った人はどんどん遠ざかる・・・健脚オッサン達
(健脚オッサン達は皆、軽装なのよー)



・・・・・・


そして、

この登山道には、男性しか登ってないことに気が付く
(女性はオバサンのあたし一人?)



この時間に上から降りてくる人が何組かいました

帰りはどこから降りるの?と聞かれ、この道を帰りますと伝えると

それじゃ、よかった

中ツ曽根は熊が出るっていうから・・・・

 旅館の仲居さんも言ってたっけ・・・



やっと中腹にきたかな
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 100
周りの木々が色付き始めました


時間はだいぶオーバーしてるようす
この歩みだと白根隠しは無理かも


ターゲットを前白根に変更
(でも前白根も不安なんだけど・・・)


この頃になると足がもう上がりません
ひとつひとつの段差が大きいのもあるのですが、根っこにつかまりながらなので尚更です
数歩歩いては止まり・・・・の繰り返しで前に進みません
いつもより重い荷物も足かせ・・・


木々の種類は変われど、、、まわりの景色は見えずな道
この斜面の急登は女性には厳しい


ようやく明るくなってきて斜面も多少?ゆるやかになると
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 104


稜線にでました
外山鞍部というところです(90分のところ120分で到着)
標高差700m近い登りでした(バテバテ・・・)
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 105
前白根の反対側は外山という山がありますが、地図の実線はありません



前白根の方へ
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 106
ここからはゆるく・・

そして、少し急になって(実際には緩いとおもうんですが、この時の私にはどんな坂も急でした)


天狗平に到着

ちょっと尾根が広くなった場所でした
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 107


休憩じゃ~
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 108
尾根の先付近ででっかいゴザ敷いてご飯タイム(でっかいって・・・2帖もあるのよ)

右は男体山 左は大真名子山
手前の緑三角山は外山


あ~ん私もパスタやりたかった
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 110
パンとパスタでお腹を満たして・・・・


元気なTオッサン、ご飯休憩を終えて前白根に向かいます

私が今のペースでついていったら前白根さえも踏めないと思うので

ここで戦線離脱

距離もまだ1kmはありそうだし、、帰りはあの激坂を下ると思うと

暗くなりそうで・・・・・

Tさんとここで分かれて、下山することにしました

私が出発する頃には前白根に行くTさんの姿は見えず・・・・
すっとばして行きおった・・・



天狗平からひとくだりすると、外山の紅葉が綺麗に見えました
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 111


鞍部の稜線は傾らか
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 112
振り返って、、誰もいないコメツガの中。。。寂しい感じ

熊鈴、熊鈴!これでちっとは賑やか



稜線から外れてあの激下りの始まり

コースタイムは50分ってあるけど、まず無理でしょう。。

ゆっくり降ります(こんなトコでゴロンしちゃったら誰も助けてくれないしね)

振り返ってこんな登りでした
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 116
根っこむき出しで、これをのぼれっつーのよ(そりゃ~あーた足も届かないわよ)


下向きで
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 117
全体が浮石の道なのです
どこを降りろっツーのよ~


ここまでくるともう、崖の域ですわ^^;道の寸断は当たり前
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 118
ちなみに、このロープはお助けロープじゃなくて、これより外側は行っちゃダメの印だけど・・・
降りられなくても
行く!

私は進むのである!
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 119
木につかまってズリズリズリ・・・・・と降りる

難所がくるとブツクサ言いながら降りてます

写真と撮ったりブツクサ言いながらようやくゲレンデ入口に
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 121
着きましたよ

それでも1時間で下ってきました^^v


両足指には久々にお豆をこさえてしまった

それだけ根っこ道で踏ん張ったってこと

手当をして

帰りはゲレンデをトコトコ
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 125
トコトコなんて聞こえはいいけど、人がいないのをいいことに実はかなりダラダラ
みっともなく歩いてたに違いない・・・
(足のお豆が痛いの・・・

Tさんはどこら辺まで下ってきたかな

ビジターセンターの駐車場にたどり着いて

トランク開けてザックを置いて

残り一つのパンを頬張った時


着いたぜー!
とTさん到着

えっ?!
前白根行けたの?

行けたともー
だって小走りしたもん

トランクのドアの陰で歩いてる姿が見えなかったし、到着は一時間後かな~なんて考えていたので、突然の到着にびっくりしました

私が到着してから2分後の出来事でした


ビジターセンター8:36―ゲレンデ上部9:17―9:57休憩10:57―この後至る所であしが止まる―外山鞍部11:16―11:46天狗平12:51―13:08外山鞍部13:12―14:14ゲレンデ上部14:28―14:56ビジターセンター





湯元からのこのコースは中級者以上のコースでしょう
特に危険!という箇所はないけど、急登、距離も普通にあるので、ある程度健脚者じゃないとコースタイム通りに歩けなさそうです
どおりで湯元からのレポが少ないわけだ^^;
みんな金精峠から登る理由がわかった
金精峠からの方が標高差が少ないしね(400mも差があるのよ)

今度は金精峠からだわ


追記を閉じる▲

変更というか、、、

私はたどり着けませんでした



朝食まで時間があったので、湯ノ湖のほとりまで20分程散策にでました
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 084-COLLAGE
またあった!大木に絡まる赤い葉っぱ見っけ!


宿を出て、ビジターセンターに車を移動
(宿からだと登山口も近くなんだけど、車、置けなかった)


また宿の前を通って、キャンプ場に来ました
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 092
ちょっと斜めってるけど気持ちが良さそう^^


横に登山口です
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 093
白根山の登山口


ここからスキー場のゲレンデの砂利道を上がっていきます
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 094
どうやら、、見えているあの稜線にあがるらしい
けっこう、、急ですわ


後ろを振り返ると男体山
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 096
ゲレンデの坂もそれなにりキツイ


我慢して登って、もう上部まできたかな~という頃




はっ・・・・


忘れ物をしたことに気がつきます


パスタ忘れた・・・

ちなみに、ルーも。。。


今日は山でパスタご飯なのです

その為に、水も余分に1L

満タンに近いガスも、コッヘルも

いつもの日帰りには持っていかない荷物を背負っているんです

それなのに、、それなのに、、肝心の具材を忘れた(車の中だよー)


前方を歩いているTさんに、「忘れ物したー」と告げます

今更ながら取りに行きたい私

Tさんはもう30分以上も歩いてるし、諦めてパンにしなーと
(パン、あげるから^^;)


がっかりして、、歩き出します


ゲレンデが終わると急坂の山道のはじまり
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 097

これがまた、中途半端な上りではありません

地図にあるとおり等高線も過密な登り

ジグザクに登るとおもいきや。。。

直登にちかいのです(小刻みなジグザクそれも2~3mの)

一息もつかせてくれません


いわゆる根っこ道ってやつで・・・
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 098
ロープだらんでここをよじ登れと・・・・


登山口の入口でトレラン2人に抜かされ、途中、こんなところから登る人いないよな~なんて思ってると、いるんですね
あとから5~6人は抜かしていったかな・・・・
抜かし際にみんな、「思ってた以上にけっこう急ですね~」ってご挨拶してった^^;
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 099
抜かして行った人はどんどん遠ざかる・・・健脚オッサン達
(健脚オッサン達は皆、軽装なのよー)



・・・・・・


そして、

この登山道には、男性しか登ってないことに気が付く
(女性はオバサンのあたし一人?)



この時間に上から降りてくる人が何組かいました

帰りはどこから降りるの?と聞かれ、この道を帰りますと伝えると

それじゃ、よかった

中ツ曽根は熊が出るっていうから・・・・

 旅館の仲居さんも言ってたっけ・・・



やっと中腹にきたかな
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 100
周りの木々が色付き始めました


時間はだいぶオーバーしてるようす
この歩みだと白根隠しは無理かも


ターゲットを前白根に変更
(でも前白根も不安なんだけど・・・)


この頃になると足がもう上がりません
ひとつひとつの段差が大きいのもあるのですが、根っこにつかまりながらなので尚更です
数歩歩いては止まり・・・・の繰り返しで前に進みません
いつもより重い荷物も足かせ・・・


木々の種類は変われど、、、まわりの景色は見えずな道
この斜面の急登は女性には厳しい


ようやく明るくなってきて斜面も多少?ゆるやかになると
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 104


稜線にでました
外山鞍部というところです(90分のところ120分で到着)
標高差700m近い登りでした(バテバテ・・・)
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 105
前白根の反対側は外山という山がありますが、地図の実線はありません



前白根の方へ
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 106
ここからはゆるく・・

そして、少し急になって(実際には緩いとおもうんですが、この時の私にはどんな坂も急でした)


天狗平に到着

ちょっと尾根が広くなった場所でした
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 107


休憩じゃ~
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 108
尾根の先付近ででっかいゴザ敷いてご飯タイム(でっかいって・・・2帖もあるのよ)

右は男体山 左は大真名子山
手前の緑三角山は外山


あ~ん私もパスタやりたかった
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 110
パンとパスタでお腹を満たして・・・・


元気なTオッサン、ご飯休憩を終えて前白根に向かいます

私が今のペースでついていったら前白根さえも踏めないと思うので

ここで戦線離脱

距離もまだ1kmはありそうだし、、帰りはあの激坂を下ると思うと

暗くなりそうで・・・・・

Tさんとここで分かれて、下山することにしました

私が出発する頃には前白根に行くTさんの姿は見えず・・・・
すっとばして行きおった・・・



天狗平からひとくだりすると、外山の紅葉が綺麗に見えました
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 111


鞍部の稜線は傾らか
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 112
振り返って、、誰もいないコメツガの中。。。寂しい感じ

熊鈴、熊鈴!これでちっとは賑やか



稜線から外れてあの激下りの始まり

コースタイムは50分ってあるけど、まず無理でしょう。。

ゆっくり降ります(こんなトコでゴロンしちゃったら誰も助けてくれないしね)

振り返ってこんな登りでした
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 116
根っこむき出しで、これをのぼれっつーのよ(そりゃ~あーた足も届かないわよ)


下向きで
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 117
全体が浮石の道なのです
どこを降りろっツーのよ~


ここまでくるともう、崖の域ですわ^^;道の寸断は当たり前
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 118
ちなみに、このロープはお助けロープじゃなくて、これより外側は行っちゃダメの印だけど・・・
降りられなくても
行く!

私は進むのである!
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 119
木につかまってズリズリズリ・・・・・と降りる

難所がくるとブツクサ言いながら降りてます

写真と撮ったりブツクサ言いながらようやくゲレンデ入口に
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 121
着きましたよ

それでも1時間で下ってきました^^v


両足指には久々にお豆をこさえてしまった

それだけ根っこ道で踏ん張ったってこと

手当をして

帰りはゲレンデをトコトコ
アメヤ平 尾瀬 前白根途中 125
トコトコなんて聞こえはいいけど、人がいないのをいいことに実はかなりダラダラ
みっともなく歩いてたに違いない・・・
(足のお豆が痛いの・・・

Tさんはどこら辺まで下ってきたかな

ビジターセンターの駐車場にたどり着いて

トランク開けてザックを置いて

残り一つのパンを頬張った時


着いたぜー!
とTさん到着

えっ?!
前白根行けたの?

行けたともー
だって小走りしたもん

トランクのドアの陰で歩いてる姿が見えなかったし、到着は一時間後かな~なんて考えていたので、突然の到着にびっくりしました

私が到着してから2分後の出来事でした


ビジターセンター8:36―ゲレンデ上部9:17―9:57休憩10:57―この後至る所であしが止まる―外山鞍部11:16―11:46天狗平12:51―13:08外山鞍部13:12―14:14ゲレンデ上部14:28―14:56ビジターセンター





湯元からのこのコースは中級者以上のコースでしょう
特に危険!という箇所はないけど、急登、距離も普通にあるので、ある程度健脚者じゃないとコースタイム通りに歩けなさそうです
どおりで湯元からのレポが少ないわけだ^^;
みんな金精峠から登る理由がわかった
金精峠からの方が標高差が少ないしね(400mも差があるのよ)

今度は金精峠からだわ

【2017/10/04 09:36】 | 山の記録
トラックバック(0) |


ぜいぜい
このルート、雪の時期にテント装備でいったけど、
雪が中途半端にしかついてないので、ほんと難行苦行だったよ。
あの激登り、もう二度とごめんって思ったよ。
風が強くて、結局白根山までは無理で、前白根のテントで終わったですが。。。
雪なくても、あの崖のがれがれしたとこ、ほんと辛そう。
お疲れさまでした。


hiro
ぜいぜいさま
登っている最中、、、
まじか!ぜぜさん!この坂、雪テンで!と思って登ってましたの
ここを登るにあたっては、ぜぜ家の雪テンレポ、見てましたので^^
なんだかあっさり登っちゃってる~という印象だったから大丈夫。。。と思ってたけど・・・やはりとんでもなかったのね。あの坂で中途半端な雪って・・もう~どうしょもないね^^;

ただ、美しい景色を堪能されてうらやまし~^^
今度行く時は別ルート考えてますわ

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
このルート、雪の時期にテント装備でいったけど、
雪が中途半端にしかついてないので、ほんと難行苦行だったよ。
あの激登り、もう二度とごめんって思ったよ。
風が強くて、結局白根山までは無理で、前白根のテントで終わったですが。。。
雪なくても、あの崖のがれがれしたとこ、ほんと辛そう。
お疲れさまでした。
2017/10/13(Fri) 11:18 | URL  | ぜいぜい #aRYHo2sk[ 編集]
ぜいぜいさま
登っている最中、、、
まじか!ぜぜさん!この坂、雪テンで!と思って登ってましたの
ここを登るにあたっては、ぜぜ家の雪テンレポ、見てましたので^^
なんだかあっさり登っちゃってる~という印象だったから大丈夫。。。と思ってたけど・・・やはりとんでもなかったのね。あの坂で中途半端な雪って・・もう~どうしょもないね^^;

ただ、美しい景色を堪能されてうらやまし~^^
今度行く時は別ルート考えてますわ
2017/10/13(Fri) 16:43 | URL  | hiro #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック