FC2ブログ
山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
残り少ない紅葉を求めて茨城に行ってきました
なかなか行かないよね・・・茨城
(昔はラリーでよく行ってたんだけどね
散策程度ですが山も登ってきましたよ

その1日目

茨城情報が無かったので今回お世話になったのが

「観光茨城」の”紅葉茨城” のHP

地図と名所がのっていまして
茨城県内の位置確認にも便利でした



雨の中の出発です

途中かなりのどしゃ降りもあり、まずは大洗へむかいました

大洗についた頃は小雨になってたけど、、、

雨だもんね~

室内散策で、かねふくの明太パークで明太子の試食だの、工場見学をしまして


那珂湊おさかな市場で散策
なんか、小腹が空いてきたよ・・


で、牡蠣を食べます
茨城 月居山・奥久慈男体山 001-COLLAGE
そして、常陸太田に向かい
蕎麦のお昼
 「佐竹」というお蕎麦屋さんに入りました
激混みになる直前に入れてホッ
茨城はどこも新そばの暖簾が上がっていましたよ


早めのお昼の後は

黄門さまの西山荘へ

道中から見える山というか、丘(茨城だからね~)はモコモコに色づいており、かなり綺麗!

へ~。。。茨城の山も紅葉は綺麗なんだね~(←けっこう都会なイメージで紅葉しないと思ってた)


これはまだ手前の公園
茨城 月居山・奥久慈男体山 008


ここは綺麗に色づいていました
茨城 月居山・奥久慈男体山 010


池の辺を歩いて行くと”助さん”の住居跡があります
井戸もありました
茨城 月居山・奥久慈男体山 012-COLLAGE
黄門さまの近くに住んでたのね助さん…


ここからが有料
光圀が紀州から取り寄せ、移植した熊野杉だそうです
茨城 月居山・奥久慈男体山 016


水戸藩2代藩主徳川光圀公が晩年を過ごした隠居所
茨城 月居山・奥久慈男体山 017


梅の木もあって、春夏秋冬季節ごとに楽しめるお庭です
茨城 月居山・奥久慈男体山 019


建物は茅葺き平屋建
茨城 月居山・奥久慈男体山 022
ここで『大日本史』の編さんの監修に当たったそうです


まだ雨がシトシト降る中の観光ですが
茨城 月居山・奥久慈男体山 023
雨に濡れた庭園もまた色が濃く感じます




次は竜神峽の大吊り橋へ

やっと雨が上がりましたよ
茨城 月居山・奥久慈男体山 034
下は竜神ダム


ここでバンジーやってましたよ(16000円だってー飛ぶ人の気が知れん・・・)
茨城 月居山・奥久慈男体山 032
バンジーの人の絶叫が響いていました^^;


橋の上からダム向こうの集落
茨城 月居山・奥久慈男体山 042
紅葉の囲まれて、のどかな風景に癒されます(私はこういう風景が好きだな~)


橋を向こうまで渡って戻って来たときは
青空が出てきました
茨城 月居山・奥久慈男体山 047


本日最後の観光地


花貫渓谷
茨城 月居山・奥久慈男体山 054
ここはもう散り始めで終わりみたい


吊り橋近辺の紅葉が有名みたいだけど。。。。
茨城 月居山・奥久慈男体山 057
陽の傾きかけだし、、渓谷だから陽が入らないしね
暗い感じでした
それでも駐車料金は500円取られます(爆)


今宵は海辺の宿です
茨城 月居山・奥久慈男体山 060
着いた頃は調度日没


向こうの岬は五浦海岸
茨城 月居山・奥久慈男体山 061


そして茨城に来たんですもの

”あんこう鍋”の夕食
茨城 月居山・奥久慈男体山 065-COLLAGE
あん肝が入った鍋を「どぶ汁」というそうです
あんこうの7つ道具も入ってまして、、、皮なんかコラーゲンでプルンプルン
なんといっても、、最後の〆の雑炊がたまらんのです
(もうね、、あん肝入りだから、たまらんの連発ですわ)

今までに食べたこのない雑炊の味でした
この雑炊、お腹空いてる時に食べたかった・・・(たぶん、、もっと美味しく感じられたと・・・)



夜はザッパ~ン!!と波音を聞きながら就寝Zzzz

次の日へ続く



追記を閉じる▲
散策程度ですが山も登ってきましたよ

その1日目

茨城情報が無かったので今回お世話になったのが

「観光茨城」の”紅葉茨城” のHP

地図と名所がのっていまして
茨城県内の位置確認にも便利でした



雨の中の出発です

途中かなりのどしゃ降りもあり、まずは大洗へむかいました

大洗についた頃は小雨になってたけど、、、

雨だもんね~

室内散策で、かねふくの明太パークで明太子の試食だの、工場見学をしまして


那珂湊おさかな市場で散策
なんか、小腹が空いてきたよ・・


で、牡蠣を食べます
茨城 月居山・奥久慈男体山 001-COLLAGE
そして、常陸太田に向かい
蕎麦のお昼
 「佐竹」というお蕎麦屋さんに入りました
激混みになる直前に入れてホッ
茨城はどこも新そばの暖簾が上がっていましたよ


早めのお昼の後は

黄門さまの西山荘へ

道中から見える山というか、丘(茨城だからね~)はモコモコに色づいており、かなり綺麗!

へ~。。。茨城の山も紅葉は綺麗なんだね~(←けっこう都会なイメージで紅葉しないと思ってた)


これはまだ手前の公園
茨城 月居山・奥久慈男体山 008


ここは綺麗に色づいていました
茨城 月居山・奥久慈男体山 010


池の辺を歩いて行くと”助さん”の住居跡があります
井戸もありました
茨城 月居山・奥久慈男体山 012-COLLAGE
黄門さまの近くに住んでたのね助さん…


ここからが有料
光圀が紀州から取り寄せ、移植した熊野杉だそうです
茨城 月居山・奥久慈男体山 016


水戸藩2代藩主徳川光圀公が晩年を過ごした隠居所
茨城 月居山・奥久慈男体山 017


梅の木もあって、春夏秋冬季節ごとに楽しめるお庭です
茨城 月居山・奥久慈男体山 019


建物は茅葺き平屋建
茨城 月居山・奥久慈男体山 022
ここで『大日本史』の編さんの監修に当たったそうです


まだ雨がシトシト降る中の観光ですが
茨城 月居山・奥久慈男体山 023
雨に濡れた庭園もまた色が濃く感じます




次は竜神峽の大吊り橋へ

やっと雨が上がりましたよ
茨城 月居山・奥久慈男体山 034
下は竜神ダム


ここでバンジーやってましたよ(16000円だってー飛ぶ人の気が知れん・・・)
茨城 月居山・奥久慈男体山 032
バンジーの人の絶叫が響いていました^^;


橋の上からダム向こうの集落
茨城 月居山・奥久慈男体山 042
紅葉の囲まれて、のどかな風景に癒されます(私はこういう風景が好きだな~)


橋を向こうまで渡って戻って来たときは
青空が出てきました
茨城 月居山・奥久慈男体山 047


本日最後の観光地


花貫渓谷
茨城 月居山・奥久慈男体山 054
ここはもう散り始めで終わりみたい


吊り橋近辺の紅葉が有名みたいだけど。。。。
茨城 月居山・奥久慈男体山 057
陽の傾きかけだし、、渓谷だから陽が入らないしね
暗い感じでした
それでも駐車料金は500円取られます(爆)


今宵は海辺の宿です
茨城 月居山・奥久慈男体山 060
着いた頃は調度日没


向こうの岬は五浦海岸
茨城 月居山・奥久慈男体山 061


そして茨城に来たんですもの

”あんこう鍋”の夕食
茨城 月居山・奥久慈男体山 065-COLLAGE
あん肝が入った鍋を「どぶ汁」というそうです
あんこうの7つ道具も入ってまして、、、皮なんかコラーゲンでプルンプルン
なんといっても、、最後の〆の雑炊がたまらんのです
(もうね、、あん肝入りだから、たまらんの連発ですわ)

今までに食べたこのない雑炊の味でした
この雑炊、お腹空いてる時に食べたかった・・・(たぶん、、もっと美味しく感じられたと・・・)



夜はザッパ~ン!!と波音を聞きながら就寝Zzzz

次の日へ続く


【2017/11/27 11:40】 |
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック