山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
日光湯元でスノーシューです

またカメラ忘れたー
(おうちで充電されてるわ)
頑張ってスマホで撮ります


湯元のビジターセンター近くの駐車場に車を止め出発~!
湯元DSC_0977
向こうは秋に挑戦した前白根方面


湯元の源泉横を通過して国道まで斜面をジグザクに登ります
湯元DSC_0976
あの上が国道ね・・・


登りきって冬季通行止めの金精道路にでましたよ
湯元DSC_0979
切込湖・刈込湖の入口です

ここからスノーシューを装着します


緩く下って蓼ノ湖
湯元DSC_0980
夏道は右手の岸を行きますが、冬道は左岸をいきます


対岸に回ると、こっちは溶けてる
湯元DSC_0982


広い森を通ります
湯元DSC_0983
傾らかに登ってます

途中、猿の親子が横切っていきました


雪質は全体的にバリンバリン
雨降ったしね~・・・・
スノーシューつけなくても行けるかな・・・・
(背負うと重いから付ける)



小峠までは急坂でした
湯元DSC_0986
ここはスノーシューの登りだとしんどい


何回も止りながら歩いて着きました
湯元DSC_0987
小峠



ここまではスノーシューコースで整備されています
湯元DSC_0990
青リボンとか付いてるしね


Tさんも到着
湯元DSC_0988
後ろに凍った湯ノ湖が見えています


小峠からは広い森
湯元DSC_0995
ヒップソリがルンルン♪って感じですが、使用せず・・・・^^;


凍った雪を少しどけると、フカフカな雪の所もありましたが、全体的にバリンバリン
(ふかふか雪歩きたいよね・・・)


山と山の谷を抜けると・・・・


到着

切込湖
湯元DSC_0997



奥に男体山が見えています
湯元DSC_0998
右奥が切込湖のほうに繋がっている


凍ってるのか?よくわからないので、乗らないどきます^^;
湯元DSC_1000
ねぇ~ね~なんで画像が曇ってるの?


向こう岸は刈込湖の方まで行く人でしょうか
湖面を歩いています


今日はここで休憩~
湯元DSC_1007


今日のメニューです
湯元DSC_1005-COLLAGE
カレー鍋!
葱鍋じゃないよ 煮込むと右画像
〆はカレーうどん

やっぱり景色そっちのけで食べてました
でも、ここは湖しか見るものがないので、景色としてはイマイチ
(やっぱ、戸隠の鏡池の印象が強いもんでね~)


たっぷり休憩しまして、来た道を戻ります
湯元DSC_1013


小峠まで来た時、ツアーの団体さんが来ていました

小峠から下る道と林道の幅広の脇道がありまして、スノーシューの後も残っていたので、そちらへ進んでみることにしました


どこかで夏道に合流するだろ~と地図と地形を見て歩きますが、なかなかそのタイミングが現れません

でも、スノーシューの古いトレースはしっかりあります

途中、古いスノーシューコースの案内が出てきます


だいぶ歩いて登山口からも遠ざかってしまって・・・・

でも、ここまで来たら、もう、このトレースについていくしかありません

道はどんどん狭くなり、森の中というか谷沿いに歩いていきます

地図をみて、、、国道にやっと近づいた!
湯元DSC_1015
やっと森から出たー

結局、、、ぐるんと遠回りして、出たのが、湯元温泉との分かれ道の国道の通行止めの所
湯元DSC_1016
兎島っていう所らしい

→から来ましたの
湯元DSC_1017

後で地図をみると、山の地図には道がないけど、Googleには道がしっかりのってたわ

駐車場までトボトボ歩いて到着しました

スノーシューで8キロも歩いたそうです ヘトヘト・・・・

駐車場9:18―10:34小峠10:43―11:10刈込湖12:55―13:19小峠13:30―14:32国道通行止―14:52駐車場





泊まった宿の前には男体山
湯元DSC_1019


目の前はクロカンスキーのコースです
湯元DSC_1020
クロカンもやってみたい・・・・



そして、次の日はスキーです(今日も特訓だー!)
湯元DSC_1025
ゲレンデにコンが出てきました
前足を怪我したコンで餌ねだってました


リフトの下にはツボ足の登山者のものと思われる足跡

ここは湯元から白根隠しに登った時に通ったゲレンデだよね~と話しながら

外山へ続く雪の急斜面を見上げます
(あの斜面は辛かったー)


ゲレンデトップです
湯元DSC_1026
午後になると白根山からの重装備の登山者がチラホラ降りてきました
ゲレンデの隅を歩いています


雪もちらつき始め、2時すぎに終了となりました


温泉入って(おおるり山荘は500円で安かった~)

今市にある餃子の「正嗣」で
湯元DSC_1027
焼きぎ餃子と水餃子をペロリ



足利フラワーパークへ向かいました

ここのイルミネーションを見たかったのです!

調べたらなんと!2/4までとな

たぶん、今日を逃したら、今年は来れないでしょうからここは無理して行っときます
(2月いっぱいくらいまでやってくれればいいのにー)


話に聞いていた通り、、、、

すごかった!

何がすごいって、園内全部イルミなのです

一部分じゃないのよ!
足利DSC_1034


すごい高いところまでイルミ!
足利DSC_1038


イルミだけじゃないのよ
足利DSC_1040-COLLAGE
雪囲いの中にあるお花もたくさんありまして
ボタンとか、蝋梅とかの寄せ植えとか、可愛らしいのです^^
(蝋梅の香りが良かった~・・・蝋梅見たいわ)


そして、やはりここのメインはこれ
足利DSC_1047
大藤!
一個一個が藤の花の形の電球なのですよ
藤棚を利用してのイルミネーション
大棚だけあって、見ごたえありでした



池に映ったレインボー
足利DSC_1058


ホントなら花壇もお花だろうけど
asikaga DSC_1059
この時期はイルミネーションのお花


花がある時期も来てみたいと思わせる庭園の造りでした
足利DSC_1064


また別の藤棚にきました
足利DSC_1066
これピンクなんですよ
何個か藤棚がありました



バラ園もありました
足利DSC_1074-COLLAGE


黄色バージョン
足利DSC_1079


赤バージョン
足利DSC_1081
時期になると見事なバラ園になることでしょう


バラ園全体
足利DSC_1088
ここの空間は音楽も相まってすごく気分が良かったです♪
癒されたというか、、、優雅な気分になったというか・・・



そして、また藤棚へ^^
足利DSC_1090


湖面に咲くイルミの花
足利DSC_1092
ガラスの中は本物のお花
サクラソウ?みたいな物から、ボタン、チューリップまでありました


花壇一つ一つにまで丁寧に植えられています
足利DSC_1093


足利DSC_1096


今日は風が無し!
足利DSC_1097
湖面に逆さピラミッドが綺麗に写っています


暖かな夜でホッとしました
足利DSC_1099

スマホ画像なのが残念
親も連れてきて見せてあげたいな~と思う景色でした
(でも寒いの嫌っていうから来ないだろーなー^^;)


おしまい


追記を閉じる▲
頑張ってスマホで撮ります


湯元のビジターセンター近くの駐車場に車を止め出発~!
湯元DSC_0977
向こうは秋に挑戦した前白根方面


湯元の源泉横を通過して国道まで斜面をジグザクに登ります
湯元DSC_0976
あの上が国道ね・・・


登りきって冬季通行止めの金精道路にでましたよ
湯元DSC_0979
切込湖・刈込湖の入口です

ここからスノーシューを装着します


緩く下って蓼ノ湖
湯元DSC_0980
夏道は右手の岸を行きますが、冬道は左岸をいきます


対岸に回ると、こっちは溶けてる
湯元DSC_0982


広い森を通ります
湯元DSC_0983
傾らかに登ってます

途中、猿の親子が横切っていきました


雪質は全体的にバリンバリン
雨降ったしね~・・・・
スノーシューつけなくても行けるかな・・・・
(背負うと重いから付ける)



小峠までは急坂でした
湯元DSC_0986
ここはスノーシューの登りだとしんどい


何回も止りながら歩いて着きました
湯元DSC_0987
小峠



ここまではスノーシューコースで整備されています
湯元DSC_0990
青リボンとか付いてるしね


Tさんも到着
湯元DSC_0988
後ろに凍った湯ノ湖が見えています


小峠からは広い森
湯元DSC_0995
ヒップソリがルンルン♪って感じですが、使用せず・・・・^^;


凍った雪を少しどけると、フカフカな雪の所もありましたが、全体的にバリンバリン
(ふかふか雪歩きたいよね・・・)


山と山の谷を抜けると・・・・


到着

切込湖
湯元DSC_0997



奥に男体山が見えています
湯元DSC_0998
右奥が切込湖のほうに繋がっている


凍ってるのか?よくわからないので、乗らないどきます^^;
湯元DSC_1000
ねぇ~ね~なんで画像が曇ってるの?


向こう岸は刈込湖の方まで行く人でしょうか
湖面を歩いています


今日はここで休憩~
湯元DSC_1007


今日のメニューです
湯元DSC_1005-COLLAGE
カレー鍋!
葱鍋じゃないよ 煮込むと右画像
〆はカレーうどん

やっぱり景色そっちのけで食べてました
でも、ここは湖しか見るものがないので、景色としてはイマイチ
(やっぱ、戸隠の鏡池の印象が強いもんでね~)


たっぷり休憩しまして、来た道を戻ります
湯元DSC_1013


小峠まで来た時、ツアーの団体さんが来ていました

小峠から下る道と林道の幅広の脇道がありまして、スノーシューの後も残っていたので、そちらへ進んでみることにしました


どこかで夏道に合流するだろ~と地図と地形を見て歩きますが、なかなかそのタイミングが現れません

でも、スノーシューの古いトレースはしっかりあります

途中、古いスノーシューコースの案内が出てきます


だいぶ歩いて登山口からも遠ざかってしまって・・・・

でも、ここまで来たら、もう、このトレースについていくしかありません

道はどんどん狭くなり、森の中というか谷沿いに歩いていきます

地図をみて、、、国道にやっと近づいた!
湯元DSC_1015
やっと森から出たー

結局、、、ぐるんと遠回りして、出たのが、湯元温泉との分かれ道の国道の通行止めの所
湯元DSC_1016
兎島っていう所らしい

→から来ましたの
湯元DSC_1017

後で地図をみると、山の地図には道がないけど、Googleには道がしっかりのってたわ

駐車場までトボトボ歩いて到着しました

スノーシューで8キロも歩いたそうです ヘトヘト・・・・

駐車場9:18―10:34小峠10:43―11:10刈込湖12:55―13:19小峠13:30―14:32国道通行止―14:52駐車場





泊まった宿の前には男体山
湯元DSC_1019


目の前はクロカンスキーのコースです
湯元DSC_1020
クロカンもやってみたい・・・・



そして、次の日はスキーです(今日も特訓だー!)
湯元DSC_1025
ゲレンデにコンが出てきました
前足を怪我したコンで餌ねだってました


リフトの下にはツボ足の登山者のものと思われる足跡

ここは湯元から白根隠しに登った時に通ったゲレンデだよね~と話しながら

外山へ続く雪の急斜面を見上げます
(あの斜面は辛かったー)


ゲレンデトップです
湯元DSC_1026
午後になると白根山からの重装備の登山者がチラホラ降りてきました
ゲレンデの隅を歩いています


雪もちらつき始め、2時すぎに終了となりました


温泉入って(おおるり山荘は500円で安かった~)

今市にある餃子の「正嗣」で
湯元DSC_1027
焼きぎ餃子と水餃子をペロリ



足利フラワーパークへ向かいました

ここのイルミネーションを見たかったのです!

調べたらなんと!2/4までとな

たぶん、今日を逃したら、今年は来れないでしょうからここは無理して行っときます
(2月いっぱいくらいまでやってくれればいいのにー)


話に聞いていた通り、、、、

すごかった!

何がすごいって、園内全部イルミなのです

一部分じゃないのよ!
足利DSC_1034


すごい高いところまでイルミ!
足利DSC_1038


イルミだけじゃないのよ
足利DSC_1040-COLLAGE
雪囲いの中にあるお花もたくさんありまして
ボタンとか、蝋梅とかの寄せ植えとか、可愛らしいのです^^
(蝋梅の香りが良かった~・・・蝋梅見たいわ)


そして、やはりここのメインはこれ
足利DSC_1047
大藤!
一個一個が藤の花の形の電球なのですよ
藤棚を利用してのイルミネーション
大棚だけあって、見ごたえありでした



池に映ったレインボー
足利DSC_1058


ホントなら花壇もお花だろうけど
asikaga DSC_1059
この時期はイルミネーションのお花


花がある時期も来てみたいと思わせる庭園の造りでした
足利DSC_1064


また別の藤棚にきました
足利DSC_1066
これピンクなんですよ
何個か藤棚がありました



バラ園もありました
足利DSC_1074-COLLAGE


黄色バージョン
足利DSC_1079


赤バージョン
足利DSC_1081
時期になると見事なバラ園になることでしょう


バラ園全体
足利DSC_1088
ここの空間は音楽も相まってすごく気分が良かったです♪
癒されたというか、、、優雅な気分になったというか・・・



そして、また藤棚へ^^
足利DSC_1090


湖面に咲くイルミの花
足利DSC_1092
ガラスの中は本物のお花
サクラソウ?みたいな物から、ボタン、チューリップまでありました


花壇一つ一つにまで丁寧に植えられています
足利DSC_1093


足利DSC_1096


今日は風が無し!
足利DSC_1097
湖面に逆さピラミッドが綺麗に写っています


暖かな夜でホッとしました
足利DSC_1099

スマホ画像なのが残念
親も連れてきて見せてあげたいな~と思う景色でした
(でも寒いの嫌っていうから来ないだろーなー^^;)


おしまい

【2018/01/22 11:53】 | 山の記録
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック