FC2ブログ
山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
朝起きると、まずまずの天気
4 佐渡島 113
金北山も見えています

眼下に雲海が広がってその向こうは小佐渡山地の山です
4 佐渡島 112
(誰かさんは本州が見える~って言ってたけど、、そんな近いわけ無い^^;)


本州はこんな感じで見えるそうです
4 佐渡島 085
クリックで拡大します


今日の夜は雨が降る予報です
前倒しでいつ降ってもおかしくない天気予報が出ていました

当初の予定では登山は5/2-3の予定でしたが、どうやらそこら辺は天気が悪い

3日前に急遽変更してドンデン山荘やら下山後の宿やらと予約を取り直し

5/1-2の決行となったのでした



今日は金北山まで4時間45分のコースタイム
金北山から横山の下山まで2時間55分と長丁場

なので早く山荘を出発したいところですが、朝食は6時半から

それでもササッと食べて7時には出発準備完了となりました
(メイクする必要もないしね~)


ちなみに、、、
横山への分岐やその先の残雪状況で道がわからなくなると困るので

白雲台へ降りることができるように防衛省管理道路の通行許可申請を前日に山荘からFAXで送ってもらい保険としました
(受理されると許可番号が電話で伝えられます)




ドンデン山荘を出発しアオネバ十字路まで戻ります
4 佐渡島 119

ここからマトネまでずんずん登っていきます

今日はカタクリ三昧かな・・・と思わせる咲きっぷりです
4 佐渡島 120
佐渡のカタクリの葉は斑入りじゃないのね~


マトネまでの登りはこの縦走路一番の急登と言われてします
残雪多くほぼ雪の上を歩く感じ
それも赤テとうっすらトレースを頼りに行くので息つく暇がありませんでした
4 佐渡島 125

枝を掻き分けで大変でしたが、最後の雪尾根を登ってしばらく行くと


笹原に到着
4 佐渡島 126
金北山が遠くに見えました(遠いよ~


後ろを振り向くとマトネの道標
4 佐渡島 127
→から来ました

ここで一服


しばらく進むと
4 佐渡島 129
後ろにドンデン山荘が見えていました
一時間くらいしか歩いてないけど、だいぶ進んだ気がします


左は両津の街
4 佐渡島 130


ここから展望の良い尾根歩きになりました
4 佐渡島 131
金北山は遠いけど
これから歩くルートが見え、いよいよ大佐渡山地縦走のメインルートとなります


アップダウンを繰り返し

ブッシュの中はカタクリいっぱい
4 佐渡島 132
カタクリの小径となるのです
新潟の山だわね~
(親戚の山はもっと密度がすごいけどね、、これにキクザキイチゲも加わるから華やかだし)


石花登山口への分岐を通過
4 佐渡島 133


またカタクリロード
4 佐渡島 134
もう目が肥えてしまっているので、このくらいじゃ驚きません


ちらほらミスミソウもありました
4 佐渡島 135
でもガバっと大きな株はありません


ここからイモリ平まで5~10分の間隔でコースタイムが刻まれてきます
4 佐渡島 136


また登り返しでブッシュの中へ
4 佐渡島 137
もちろん、雪も所々ありますよ
その度に夏道を外れ赤テを追います


登りきったら


うわ~っ!アルプスの縦走路みたい
4 佐渡島 138
尾根を挟んで右の西側は砂礫
強風地帯に突入です

今まではそよそよ・・・・って感じだけど、ここからは爆風になるに違いない!と踏んでいましたが・・・・

尾根に出ても、そよそよ~程度^^;

拍子抜けですが、日差しも出て暑いので、もちっと吹いてほしい・・・
4 佐渡島 141
休憩しよっか・・・
あの先の峰まで行こうか・・・・


真砂の芝生を過ぎるとその上の峰に今日最初の登山者発見!
4 佐渡島 142


真砂の峰に到着
4 佐渡島 143
朝6時半前に出発していった、お二人でした
聞くと同じ横山までとのこと


ここで私達も休憩


もちろん、忘れずに、日焼け止めを塗り塗り
(もね・・一時間毎に塗ってるよ)


真砂の峰からは右下にぐぐっと下る縦走路
4 佐渡島 144
左には加茂湖と両津湾がしっかり見えていました
その右は国仲平野


金北山はまだ遠くに見えています


イモリ平らを過ぎ、天狗の休場
4 佐渡島 147
休み場では休まない


またカタクリロード
4 佐渡島 148
ほんとね、、、雪か花かのどちらかって感じ
中途半端は無いのよ^^

全体の1/3強は雪の上の歩きですがあとは全部、花だらけ


役行者の分岐です
4 佐渡島 150
ここでも休憩

夏道は左、残雪期は右への表示あり

右へ進みます

役行者からはかなり急登
今までの疲労もあってかマトネの登りよりキツク感じました


ブッシュの中からようやく金北山
手前の雪山1個越えるだけとなり
4 佐渡島 151
あの雪壁も見えてきました(よ~く見ると、ステップが見えるのよ)


雪の中のブッシュを抜けていきます
雪はまだ1m以上もありそうです
尾根に出てはまたブッシュの雪の中を繰り返し


白のカタクリ発見!!
4 佐渡島 152
ラッキー♪゜・*:.。. .。.:*・♪調度道端に咲いてましたの


あやめ池はまだ雪を被っていました

それを横目に見てさらに進むと

雪壁の下に出ます

このブッシュを越えるのが難儀しました
4 佐渡島 154
雪解けの踏み抜きと急坂で木につかまってヨッコラショ


雪壁の下にくればこっちのもん
ステップ有の、ロープ有り
4 佐渡島 155
見上げるほどの斜面だけどね^^;

登ったら左尾根を進み

あとは雪の上を山頂に向かって真っ直ぐ歩くだけ

途中、ブッシュに突き当たりますが、左側が開けているので左の木々の中へ

木が無くなると

左手に横山への登山口も赤テ、木の上に道標も見つけられました


最後は土の道になって到着です
4 佐渡島 156


バンザーイ!金北山神社
4 佐渡島 157
当初の予定休憩込みで6時間をはるかに上回る4時間55分での到着です
(これでちょっと余裕ができたわ)


山頂でオニギリ休憩
何組か登山客がいましたがみんな白雲台からの人のようです


右を見ると妙見山
左に真野湾
4 佐渡島 158


真正面は加茂湖と両津湾と国仲平野
4 佐渡島 160
手前の尾根が横山への下山ルート

この尾根のどこを通るのかな?と当たりをつけ・・・
オニギリをパクリ

佐渡のウインナー第二弾(へんじんもっこ)を食べながら景色を堪能します


そうこうしているうちに、山荘から一緒だった2人も到着

この2人はフェリーの時間に間に合わわないと、横山は諦め白雲台へ向かうようです


30分程休憩して私達も早々に下山します
この先、ルートを探しながらの下りになるやもしれません


横山への分岐まで戻り、赤テの方に向かうと雪の上が登山道らしき雰囲気になってきました

赤テを探しながら雪の尾根道をザクザク降りて行き、途中夏道になったり、斜面をトラバースしたり(ここトラバースが尾根を外れて隣の尾根に行く為、赤テが遠くに見えます)

常に、赤テ、赤テ!と周りを気にしながら降りていきます

ここはガスが出たらわからないと、山荘からの情報がありましたが、まさにそのとおり

晴れてる今日はラッキーでした


道は夏道になって天狗岩まで降りてきました
4 佐渡島 162
妙見山が見えています(あの白いのがレーダーカメラね)


情報では天狗岩から神子岩までのお花がすごい~と聞いていたので楽しみにおります


またまたシラネアオイ^^
4 佐渡島 165


ミスミソウもちらほら見えていましたが・・・・

どれも傷んでいます

もう、今年は遅いのかも・・
それとも私が見つけられないのかな・・・


あ~、、神子岩に着いちゃったよ
4 佐渡島 166
お花ないじゃん!
しょんぼり


雪の道を探しながら歩いた割には、いいペースで降りてきています

ここでタクシーを予約
15:30に迎えに来て~
2件目に電話した佐渡観光タクシーがOK(1件目の港交通はその時間には行けませんですって、着いたら電話してって言われた・・・
4 佐渡島 167


神子岩からの景色
4 佐渡島 168
新緑の木々が美しかった・・・


休憩を終えて下ると美しいブナ林
4 佐渡島 169


たまに雪が出てきますが気持ちが良い下りです
4 佐渡島 171
エンレイソウ、イワカガミ、シラネアオイ・・・

これが最後のシラネアオイかも・・・なんて言って歩いています


はらい川
4 佐渡島 172
ここの水場にコップが置いてありました
昔の修験者はここで体を清めたそうです

周りはネコノメソウがいっぱい
エンレイソウが群落になっています


じゅんさい池を通過
4 佐渡島 173


で、ようやく、、、ミスミソウ^^
4 佐渡島 174-COLLAGE
周りにはまだ雪がある場所があったのでフレッシュな花もあるのかもしれません


横山と栗ヶ沢の分岐
4 佐渡島 176
左へ横山

横山の方が遠いけど、タクシー代が安いのよ^^


平坦な道をどんどん歩き、ちょっと登り返したり、雪解けのドロドロの道が続きました
ちょっとここら辺は泥道で嫌になったな・・
途中、休憩を挟みました


そして、標識が出てきて

振り返ると横山登山口!
4 佐渡島 177
→から降りてきました


10mも進むと、目と鼻の先には道路も見えて


足元、ドロドロで到着しました^^
4 佐渡島 178

時間は15:10


タクシーが時間よりも早く待っていてくれました




お目当てのミスミソウの大株は見られなかったけど
メイク道具も忘れたけど・・・・

天気がよかったこと(稜線の風も心地よかったし~)

無事、横山へ降りられたこと

花の島の山を歩けたことに大満足な気分でタクシーに乗り込みました
(両津港まで2470円)



ドンデン山荘7:05―7:28アオネバ十字路7:32―8:17マトネ8:27―8:42石花分岐―8:55小股沢のコル―9:16ツンブリ平―9:32真砂の峰9:49―10:29天狗の休場―10:53役行者分岐11:03―11:55金北山12:32―13:02天狗岩13:08―13:19神子岩13:23―13:55じゅんさい池―14:04横山分岐―15:10横山登山口





両津港で車を回収して宿へ直行

近くの居酒屋で登山の成功の乾杯です
4 佐渡島 179-COLLAGE
イカ~海老~美味しい~
佐渡のお酒を毎晩飲みました


明日から佐渡観光の始まりです


つづく


追記を閉じる▲
眼下に雲海が広がってその向こうは小佐渡山地の山です
4 佐渡島 112
(誰かさんは本州が見える~って言ってたけど、、そんな近いわけ無い^^;)


本州はこんな感じで見えるそうです
4 佐渡島 085
クリックで拡大します


今日の夜は雨が降る予報です
前倒しでいつ降ってもおかしくない天気予報が出ていました

当初の予定では登山は5/2-3の予定でしたが、どうやらそこら辺は天気が悪い

3日前に急遽変更してドンデン山荘やら下山後の宿やらと予約を取り直し

5/1-2の決行となったのでした



今日は金北山まで4時間45分のコースタイム
金北山から横山の下山まで2時間55分と長丁場

なので早く山荘を出発したいところですが、朝食は6時半から

それでもササッと食べて7時には出発準備完了となりました
(メイクする必要もないしね~)


ちなみに、、、
横山への分岐やその先の残雪状況で道がわからなくなると困るので

白雲台へ降りることができるように防衛省管理道路の通行許可申請を前日に山荘からFAXで送ってもらい保険としました
(受理されると許可番号が電話で伝えられます)




ドンデン山荘を出発しアオネバ十字路まで戻ります
4 佐渡島 119

ここからマトネまでずんずん登っていきます

今日はカタクリ三昧かな・・・と思わせる咲きっぷりです
4 佐渡島 120
佐渡のカタクリの葉は斑入りじゃないのね~


マトネまでの登りはこの縦走路一番の急登と言われてします
残雪多くほぼ雪の上を歩く感じ
それも赤テとうっすらトレースを頼りに行くので息つく暇がありませんでした
4 佐渡島 125

枝を掻き分けで大変でしたが、最後の雪尾根を登ってしばらく行くと


笹原に到着
4 佐渡島 126
金北山が遠くに見えました(遠いよ~


後ろを振り向くとマトネの道標
4 佐渡島 127
→から来ました

ここで一服


しばらく進むと
4 佐渡島 129
後ろにドンデン山荘が見えていました
一時間くらいしか歩いてないけど、だいぶ進んだ気がします


左は両津の街
4 佐渡島 130


ここから展望の良い尾根歩きになりました
4 佐渡島 131
金北山は遠いけど
これから歩くルートが見え、いよいよ大佐渡山地縦走のメインルートとなります


アップダウンを繰り返し

ブッシュの中はカタクリいっぱい
4 佐渡島 132
カタクリの小径となるのです
新潟の山だわね~
(親戚の山はもっと密度がすごいけどね、、これにキクザキイチゲも加わるから華やかだし)


石花登山口への分岐を通過
4 佐渡島 133


またカタクリロード
4 佐渡島 134
もう目が肥えてしまっているので、このくらいじゃ驚きません


ちらほらミスミソウもありました
4 佐渡島 135
でもガバっと大きな株はありません


ここからイモリ平まで5~10分の間隔でコースタイムが刻まれてきます
4 佐渡島 136


また登り返しでブッシュの中へ
4 佐渡島 137
もちろん、雪も所々ありますよ
その度に夏道を外れ赤テを追います


登りきったら


うわ~っ!アルプスの縦走路みたい
4 佐渡島 138
尾根を挟んで右の西側は砂礫
強風地帯に突入です

今まではそよそよ・・・・って感じだけど、ここからは爆風になるに違いない!と踏んでいましたが・・・・

尾根に出ても、そよそよ~程度^^;

拍子抜けですが、日差しも出て暑いので、もちっと吹いてほしい・・・
4 佐渡島 141
休憩しよっか・・・
あの先の峰まで行こうか・・・・


真砂の芝生を過ぎるとその上の峰に今日最初の登山者発見!
4 佐渡島 142


真砂の峰に到着
4 佐渡島 143
朝6時半前に出発していった、お二人でした
聞くと同じ横山までとのこと


ここで私達も休憩


もちろん、忘れずに、日焼け止めを塗り塗り
(もね・・一時間毎に塗ってるよ)


真砂の峰からは右下にぐぐっと下る縦走路
4 佐渡島 144
左には加茂湖と両津湾がしっかり見えていました
その右は国仲平野


金北山はまだ遠くに見えています


イモリ平らを過ぎ、天狗の休場
4 佐渡島 147
休み場では休まない


またカタクリロード
4 佐渡島 148
ほんとね、、、雪か花かのどちらかって感じ
中途半端は無いのよ^^

全体の1/3強は雪の上の歩きですがあとは全部、花だらけ


役行者の分岐です
4 佐渡島 150
ここでも休憩

夏道は左、残雪期は右への表示あり

右へ進みます

役行者からはかなり急登
今までの疲労もあってかマトネの登りよりキツク感じました


ブッシュの中からようやく金北山
手前の雪山1個越えるだけとなり
4 佐渡島 151
あの雪壁も見えてきました(よ~く見ると、ステップが見えるのよ)


雪の中のブッシュを抜けていきます
雪はまだ1m以上もありそうです
尾根に出てはまたブッシュの雪の中を繰り返し


白のカタクリ発見!!
4 佐渡島 152
ラッキー♪゜・*:.。. .。.:*・♪調度道端に咲いてましたの


あやめ池はまだ雪を被っていました

それを横目に見てさらに進むと

雪壁の下に出ます

このブッシュを越えるのが難儀しました
4 佐渡島 154
雪解けの踏み抜きと急坂で木につかまってヨッコラショ


雪壁の下にくればこっちのもん
ステップ有の、ロープ有り
4 佐渡島 155
見上げるほどの斜面だけどね^^;

登ったら左尾根を進み

あとは雪の上を山頂に向かって真っ直ぐ歩くだけ

途中、ブッシュに突き当たりますが、左側が開けているので左の木々の中へ

木が無くなると

左手に横山への登山口も赤テ、木の上に道標も見つけられました


最後は土の道になって到着です
4 佐渡島 156


バンザーイ!金北山神社
4 佐渡島 157
当初の予定休憩込みで6時間をはるかに上回る4時間55分での到着です
(これでちょっと余裕ができたわ)


山頂でオニギリ休憩
何組か登山客がいましたがみんな白雲台からの人のようです


右を見ると妙見山
左に真野湾
4 佐渡島 158


真正面は加茂湖と両津湾と国仲平野
4 佐渡島 160
手前の尾根が横山への下山ルート

この尾根のどこを通るのかな?と当たりをつけ・・・
オニギリをパクリ

佐渡のウインナー第二弾(へんじんもっこ)を食べながら景色を堪能します


そうこうしているうちに、山荘から一緒だった2人も到着

この2人はフェリーの時間に間に合わわないと、横山は諦め白雲台へ向かうようです


30分程休憩して私達も早々に下山します
この先、ルートを探しながらの下りになるやもしれません


横山への分岐まで戻り、赤テの方に向かうと雪の上が登山道らしき雰囲気になってきました

赤テを探しながら雪の尾根道をザクザク降りて行き、途中夏道になったり、斜面をトラバースしたり(ここトラバースが尾根を外れて隣の尾根に行く為、赤テが遠くに見えます)

常に、赤テ、赤テ!と周りを気にしながら降りていきます

ここはガスが出たらわからないと、山荘からの情報がありましたが、まさにそのとおり

晴れてる今日はラッキーでした


道は夏道になって天狗岩まで降りてきました
4 佐渡島 162
妙見山が見えています(あの白いのがレーダーカメラね)


情報では天狗岩から神子岩までのお花がすごい~と聞いていたので楽しみにおります


またまたシラネアオイ^^
4 佐渡島 165


ミスミソウもちらほら見えていましたが・・・・

どれも傷んでいます

もう、今年は遅いのかも・・
それとも私が見つけられないのかな・・・


あ~、、神子岩に着いちゃったよ
4 佐渡島 166
お花ないじゃん!
しょんぼり


雪の道を探しながら歩いた割には、いいペースで降りてきています

ここでタクシーを予約
15:30に迎えに来て~
2件目に電話した佐渡観光タクシーがOK(1件目の港交通はその時間には行けませんですって、着いたら電話してって言われた・・・
4 佐渡島 167


神子岩からの景色
4 佐渡島 168
新緑の木々が美しかった・・・


休憩を終えて下ると美しいブナ林
4 佐渡島 169


たまに雪が出てきますが気持ちが良い下りです
4 佐渡島 171
エンレイソウ、イワカガミ、シラネアオイ・・・

これが最後のシラネアオイかも・・・なんて言って歩いています


はらい川
4 佐渡島 172
ここの水場にコップが置いてありました
昔の修験者はここで体を清めたそうです

周りはネコノメソウがいっぱい
エンレイソウが群落になっています


じゅんさい池を通過
4 佐渡島 173


で、ようやく、、、ミスミソウ^^
4 佐渡島 174-COLLAGE
周りにはまだ雪がある場所があったのでフレッシュな花もあるのかもしれません


横山と栗ヶ沢の分岐
4 佐渡島 176
左へ横山

横山の方が遠いけど、タクシー代が安いのよ^^


平坦な道をどんどん歩き、ちょっと登り返したり、雪解けのドロドロの道が続きました
ちょっとここら辺は泥道で嫌になったな・・
途中、休憩を挟みました


そして、標識が出てきて

振り返ると横山登山口!
4 佐渡島 177
→から降りてきました


10mも進むと、目と鼻の先には道路も見えて


足元、ドロドロで到着しました^^
4 佐渡島 178

時間は15:10


タクシーが時間よりも早く待っていてくれました




お目当てのミスミソウの大株は見られなかったけど
メイク道具も忘れたけど・・・・

天気がよかったこと(稜線の風も心地よかったし~)

無事、横山へ降りられたこと

花の島の山を歩けたことに大満足な気分でタクシーに乗り込みました
(両津港まで2470円)



ドンデン山荘7:05―7:28アオネバ十字路7:32―8:17マトネ8:27―8:42石花分岐―8:55小股沢のコル―9:16ツンブリ平―9:32真砂の峰9:49―10:29天狗の休場―10:53役行者分岐11:03―11:55金北山12:32―13:02天狗岩13:08―13:19神子岩13:23―13:55じゅんさい池―14:04横山分岐―15:10横山登山口





両津港で車を回収して宿へ直行

近くの居酒屋で登山の成功の乾杯です
4 佐渡島 179-COLLAGE
イカ~海老~美味しい~
佐渡のお酒を毎晩飲みました


明日から佐渡観光の始まりです


つづく

【2018/05/08 10:20】 | 山の記録
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック