FC2ブログ
山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
今日は雨予報なので温泉巡りをします
さー!いくつ入れるか!

そんなたくさん入れないって
そこそこにしとこ・・・・
まずは、宿から直ぐそば

八幡平樹海ラインに入った松川温泉へ


近くには松川地熱発電所がある有名どこ
こんだけ温泉湧いてるんだもん、地熱も有効活用だわね


三つのお宿がありますが、その中で峡雲荘
DSCkymatukawaonsen 0375
エメラルドグリーンのお風呂
でも、熱い^^;

長くは浸かっていられない感じです
5分がいいとこ
出たり入ったりです

そして、周辺は登山口の駐車場

ここからあの紅葉で有名な三ツ石山にも行けちゃったりします
(車、けっこう止まってました)

あ~なんで今回はここを入れなかったんだろう・・・

八幡平を基地にしてあっちの山、こっち山へと組めば楽しそうです

ま、これはまた今度ということで・・・・



次はぜひ行きたかった籐七温泉へ

八幡平はいつも車で通り過ぎちゃうのでじっくり温泉巡りをしてみたかったのです
東北名山 036

女性用のヒバ造りの湯船は小さく5人も入ればぎゅうぎゅうな感じ

壁に立てかけてある引き戸の扉?と開くと、そこはもう、大自然の中^^;

HP通りのかいほう感満点の露天風呂が広がっています
籐七温泉

山肌に段々と供えられた湯船の底には板が渡してあってその隙間からプクプクと湧いています
(ちなみに、プクプクの多い所は少々熱い)

管からドバドバと源泉が流れ込んでいる浴槽

ちょろちょろと流れ込んでいる浴槽とこれまた様々

いくつも浴槽があるので、自分の適温を探して入ります

そして、底板付近を探れば、泥が取れます

男性もお顔まで全身泥パックの人がいました^^;(もう、見た目が別人だわよ)

女性専用の露天風呂もありますが、随分下の方で、そこまで行くのにタオル巻が必要(途中の浴槽には男性も入ってますからね)

泥パックで散々遊んで一時間も入ってました
(また来たい~)




籐七温泉で温泉玉子を食べて、八幡平のレストハウスです
東北名山 038
天気は雨の予報でしたが、曇りとなってます


秋田側に下った場所から
東北名山 039
もっこ岳
裏岩手連峰縦走コースが見えています


この後、蒸ノ湯、後生掛温泉に入ろうと思いましたが、蒸ノ湯温泉の駐車場で断念

駐車場から車があふれてます

これはお風呂もいっぱいに違いない

ということで、またいつかの機会に。。ということになりました


そして最後の温泉巡り

玉川温泉へ

新玉川には入ったことがありましたが、岩盤浴は未経験でしたので体験することにします
東北名山 040


ここもすごい湯量ですよ
東北名山 041
温泉が川になってる


半端ない湧きっぷりです
東北名山 042
pH1.2と極めて酸性が強く、源泉温度はなんと98度


玉川温泉と言えば、ここの岩盤浴 北投石も有名どころ
東北名山 043


歩いていると足底が温かいのを感じます
DSCtamagawa0376.jpg



遊歩道の直ぐ近くで ゴーっと凄い音
東北名山 048


売店ではお弁当やら、食べ物がありました
そこでトウモロコシやバナナ等を買い込み
自分が適温という場所を探しつつシートを敷きます

近くの岩盤からはシュ~と湯気も出てますから、自己責任で要注意


こんな景色を見ながら寝ころびます
東北名山 051
もう、さいこっに気持ちいい!じんわり熱が眠気を誘う~

ほんと、湯治したいくらい・・・


この後は強酸性水の温泉へ

硫黄臭と微量のラジウム放射線が含まれている非常に特徴がある泉質になります

源泉100%はピリピリして痛いので私には50%がいいとこ
(もうレモンのしぼり汁風呂みたいなもんよね・・・)


玉川温泉を後にして、田沢湖へ

夕飯のお惣菜を買い出しして

国道105号を北上

コンビニも何にもない道路を阿仁合へ向かいます



つづく


追記を閉じる▲
まずは、宿から直ぐそば

八幡平樹海ラインに入った松川温泉へ


近くには松川地熱発電所がある有名どこ
こんだけ温泉湧いてるんだもん、地熱も有効活用だわね


三つのお宿がありますが、その中で峡雲荘
DSCkymatukawaonsen 0375
エメラルドグリーンのお風呂
でも、熱い^^;

長くは浸かっていられない感じです
5分がいいとこ
出たり入ったりです

そして、周辺は登山口の駐車場

ここからあの紅葉で有名な三ツ石山にも行けちゃったりします
(車、けっこう止まってました)

あ~なんで今回はここを入れなかったんだろう・・・

八幡平を基地にしてあっちの山、こっち山へと組めば楽しそうです

ま、これはまた今度ということで・・・・



次はぜひ行きたかった籐七温泉へ

八幡平はいつも車で通り過ぎちゃうのでじっくり温泉巡りをしてみたかったのです
東北名山 036

女性用のヒバ造りの湯船は小さく5人も入ればぎゅうぎゅうな感じ

壁に立てかけてある引き戸の扉?と開くと、そこはもう、大自然の中^^;

HP通りのかいほう感満点の露天風呂が広がっています
籐七温泉

山肌に段々と供えられた湯船の底には板が渡してあってその隙間からプクプクと湧いています
(ちなみに、プクプクの多い所は少々熱い)

管からドバドバと源泉が流れ込んでいる浴槽

ちょろちょろと流れ込んでいる浴槽とこれまた様々

いくつも浴槽があるので、自分の適温を探して入ります

そして、底板付近を探れば、泥が取れます

男性もお顔まで全身泥パックの人がいました^^;(もう、見た目が別人だわよ)

女性専用の露天風呂もありますが、随分下の方で、そこまで行くのにタオル巻が必要(途中の浴槽には男性も入ってますからね)

泥パックで散々遊んで一時間も入ってました
(また来たい~)




籐七温泉で温泉玉子を食べて、八幡平のレストハウスです
東北名山 038
天気は雨の予報でしたが、曇りとなってます


秋田側に下った場所から
東北名山 039
もっこ岳
裏岩手連峰縦走コースが見えています


この後、蒸ノ湯、後生掛温泉に入ろうと思いましたが、蒸ノ湯温泉の駐車場で断念

駐車場から車があふれてます

これはお風呂もいっぱいに違いない

ということで、またいつかの機会に。。ということになりました


そして最後の温泉巡り

玉川温泉へ

新玉川には入ったことがありましたが、岩盤浴は未経験でしたので体験することにします
東北名山 040


ここもすごい湯量ですよ
東北名山 041
温泉が川になってる


半端ない湧きっぷりです
東北名山 042
pH1.2と極めて酸性が強く、源泉温度はなんと98度


玉川温泉と言えば、ここの岩盤浴 北投石も有名どころ
東北名山 043


歩いていると足底が温かいのを感じます
DSCtamagawa0376.jpg



遊歩道の直ぐ近くで ゴーっと凄い音
東北名山 048


売店ではお弁当やら、食べ物がありました
そこでトウモロコシやバナナ等を買い込み
自分が適温という場所を探しつつシートを敷きます

近くの岩盤からはシュ~と湯気も出てますから、自己責任で要注意


こんな景色を見ながら寝ころびます
東北名山 051
もう、さいこっに気持ちいい!じんわり熱が眠気を誘う~

ほんと、湯治したいくらい・・・


この後は強酸性水の温泉へ

硫黄臭と微量のラジウム放射線が含まれている非常に特徴がある泉質になります

源泉100%はピリピリして痛いので私には50%がいいとこ
(もうレモンのしぼり汁風呂みたいなもんよね・・・)


玉川温泉を後にして、田沢湖へ

夕飯のお惣菜を買い出しして

国道105号を北上

コンビニも何にもない道路を阿仁合へ向かいます



つづく

【2018/09/24 16:57】 |
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック