FC2ブログ

9/20 栗駒山

山の記録
10 /03 2018
小安峽から車で30分とかからずに、栗駒山の登山口、須川ビジターセンターに到着です

鳥海山が綺麗に見えています
東北名山 300
あんまりにも駐車場が広いんで、どこに止めたらいいか・・・・迷う
ビジターセンターのトイレを借りて、出発しますが、登山口がよくわかりません
ん~・・・どっちへ行ったらいいのか・・・・
東北名山 301


調度ビジターセンターの前にいた大勢の作業人がゾロゾロと出発して行ったのでついていきます

工事の人?かと思ったけど、違った

登山道の草の仮払い作業の人だった
東北名山 302
↑仮払いの人達

仮払いの人から、今日のルートを聞かれます

産沼コースと答えると、草が覆い茂って、足元見えないよ・・・
これから刈るから。。。。って

まあ、登りだからゆっくり行けば大丈夫だと思うけどねと

道はボサっこか。。ちょっと心配
どのくらいボサボサかわからんけど、、、行ってみようか


温泉のホースの数もすごいけど、、湯量もすごい^^
温泉の川となっています
東北名山 303
仮払い帯の後ろにつきます


これ全部温泉の川よ
東北名山 305
こんな光景見たことない~


ゆるゆると登っていくと名残ヶ原
東北名山 310
あれ?・・仮払い帯がいつの間にいない

しょっぱなでコースを間違えました

ゼッタ沢コースで名残ヶ原まで来る予定が、おいらんコースで来てしまった(仮払い帯は最短ルートのゼッタ沢コースでした)
ま、それはそれでいいのだけど・・・
おいらん風呂ってのが途中にあって、蒸かし湯の小屋が途中にありました


名残ヶ原周辺は散策ルートにもなっています

東北名山 313クリックで拡大します
今回のルート印有り


名残ヶ原の湿原を過ぎると、苔花台(たいかだい)の 分岐
東北名山 314
左は産沼コース 右は須川コースの分岐です
産沼コース、、、すでに、ぼさっこ感が漂ってます


ここら辺で仮払い帯が休憩していました


次は三途の川
東北名山 315
Tさんが先に行きますが、途中で、片足をボチャンしてますよ

あ~あ・・・2人で失笑^^;

わざと難しい石を選んでない?

Tさん曰く、三途の川を渡れなかったからいいのだよ・・・

濡れてよくないってば・・・


三途の川から結構な坂が続きますよ


途中、山頂も見えてきました
東北名山 316


休憩ポイントがないね~・・・

道は仮払い跡の様相を見せています

準々に仮払いしていくんだね・・・

途中、ボサっこ道も出てきました

何コーナーか後ろから仮払い帯の声も


仮払いされたと思われる場所が少し広かったので、休憩します
東北名山 318


どうやらここから上は今日仮払いかしらね・・・
東北名山 323
笹が道を覆う登山道を進みます


平になった道を進んでいくと産沼です
東北名山 325


産沼と瑞山(笊森)コースとの分岐があります
東北名山 327


道は傾らかな登りとなり、胸まである笹をストックでかき分け進むようになりました
東北名山 328
でもね、、この辺はまだいい方だったのよ^^;


だんだんと紅葉も増してきて
東北名山 332
○は笊森避難小屋
たおやかな尾根と紅葉が綺麗だわ~・・・・
東北に来たって感じだね


私は景色に見とれてるのにTさんはさっさと行ってしまいます お~い!
東北名山 335
私も紅葉の中へ突入~!


山頂が見えてきましたよ
DSC栗駒0422
左の稜線を登る人も見えてきましたが、たぶん宮城県側のいわかがみ平からの中央コースルートだと思う


右手を見ると遠くに鳥海山、須川温泉の駐車場も見えてきました
DSCくりこま0423
ここからググっと登りが始まります


と、同時にこの登山道最大のボサッこ道のはじまり
東北名山 341
↑ この時はまだ余裕^^


山頂まで一直線の登り道は笹が地面を覆い、傾斜の為、笹が顔付近に^^;


これじゃ、下りは危ないね

石ころはほとんどないフラットな道でしたが、地面が見えないのは危ない

登山道を管理する人のおかげで楽しい道を歩けるんだわ

草なんてあっと間に伸びるからね・・・・





笹だらけで息つく暇もなく、モクモクと登って疲れました

ちょっと笹から顔を出して振り返ると

うわ~!!すごい!この紅葉の中を歩いてきたのね!(笹で見えなかったけど^^;)
DSCくりこま0424
一直線の道筋が見えてます


左手の方は中央コース 宮城県側
東北名山 344


ボサ道が終わると山頂に到着
東北名山 345
ふ~、、、やっと開放感って感じです


産沼から登って来ると山頂標識は左下の栗駒国定公園
東北名山 346COLLAGE
栗駒山山頂表示は南の宮城県を向いておりますの

みんな、後ろ側から写真を撮ってる人が多くてね(私も最初はこっちから撮ってたけど、よくよく見たら文字が違うのね)


山頂からは
東北名山 351
まさかの岩手山と秋田駒にはビックリした^^
焼石山の上も紅葉しているのがわかりました


風が少しあったので風を凌げる場所でお昼です
東北名山 352
秋田のタケヤ製パン
関東では見かけない地元の物を見つけるのも楽しい
これ美味しくてね、タマゴとかツナとかいろんな種類があるの
この山旅ではたいへんお世話になったパンです


ちゃちゃっと軽食を済ませて、下山します
東北名山 357
紅葉は調度、稜線付近が見頃でした


須川コースで下山中
東北名山 360
こちらも紅葉の中を進みます


天馬尾根コースの登山道も見えています
東北名山 361
真ん中辺りが降下点かな


降下点の天狗平を過ぎ、天馬尾根コースへ

少し進むと展望岩頭という見晴の良い場所があります
東北名山 373


左に須川湖、湿原の中に池塘が見えています
東北名山 365
中央のとんがりが剣山かしら


その右は昭和湖
東北名山 376
あそこまで降ります


伝馬尾根から続く秣岳(まぐさだけ)の下にある湿原は龍泉ヶ原
東北名山 368
湿原は二段になっている 登山道がないので、あそこは行けない


いい景色だね~
最初は行かない!
と言ったけど、来てよかった
パノラマはこちら
DSCkurikoma0436.jpgクリックで拡大します



天狗平まで戻ります 栗駒山の肩 ちょびっとハゲた場所ね
DSCくりこま0439
天狗平の上のゴツゴツは天狗岩


天狗平
東北名山 378


昭和湖まで降りてきましたよ
東北名山 381


建物はトイレです
東北名山 380
ここでトイレ休憩
昭和19年のガス爆発によってできた湖だそうです
いかにも強酸性水って感じの色よね^^;
高濃度ガスも発生してるので、立ち入り禁止のロープありです

周りは湿原地帯で花も多く咲くよね 
どうして共存できるのか・・・不思議な場所です


地獄谷を通過
東北名山 385
この旅では地獄。。。。。と呼ばれる風景をたくさん見てきたけど・・・


東北ではこのくらいの地獄はそこら辺にたくさんあります
東北名山 384
もう、目が地獄慣れ^^;
でも一番の地獄は玉川温泉かしらね


行きに通った苔花台で産沼コースと合わすと名残ヶ原の分岐まで戻ります

賽の磧や地獄釜の方から帰ります


湿原の木道だったのに、急に火山帯です
東北名山 389


これ、たくさんあったんだけど。。赤い花かしら?なにこれ?
東北名山 393


この辺りは硫黄の採掘場跡だそうです
東北名山 394


八幡平付近
東北名山 395


ここを過ぎて、樹林帯に入ると、駐車場でした


ここに出るのか!
東北名山 396
まあ、、でっかくここが登山口!と書いてないので、近くに行って小さな標識を探さないといけない感じはしました


緑色の屋根がビジターセンター
東北名山 397
到着です


駐車場8:50―9:55休憩産沼より前10:03―10:27産沼―11:24山頂12:02―展望岩頭―天狗平12:46―13:16昭和湖13:30―13:46苔花台―賽の磧 地獄釜経由―14:18駐車場




下山後はもちろん、栗駒山荘にてお風呂
ここのお風呂は是非入ってみたかった!
念願かなってやっとです
そして、泊まれるなら、、、と数日前から電話攻撃をしてみましたが、タッチの差で逃してしまいました
栗駒山もそうですが、一度ではその魅力はわからない!
また来ます 絶対に^^


車は岩手県へ進めます(須川温泉が県境なのよね)


今日の泊まりは一ノ関

出張でも来たな~・・・・・(あの時はここかられレンタカーで早池峰行ったのよね)

今日は肉を食べます

短角牛と前沢牛と米沢牛
東北名山 398COLLAGE
短角牛を堪能します

やっぱ赤身の旨みがあるね~^^

そして、冷麺で〆

以前、盛岡の駅ビルで食べた冷麺のだしが不味いこと不味いこと!
冷麺ってこんなもんなの?と思っていたので、それを払拭したいと思い挑戦です

結果、、、焼肉やさんの冷麺はおいしかった~



次の日は最終日で観光です

コメント

非公開コメント

hiro

ひろ’S Barへようこそ!
山と自然と温泉と!
おいしいものをこよなく愛す、管理栄養士の日記です。
日々健康!そして・・・
感動する景色にいっぱい出会いたいです!