FC2ブログ
山登りと自然と温泉と…おいしいもの!
      
今日は観光です
どうやら雨模様になる予報・・・・
一関の市街から栗駒山方面へちょいと戻ります

厳美渓へ
昨日寄ろうと思ったけど、陽が落ちるのも早いしね
しっかり景色を見たいと思ったので、本日朝から出かけます


Tおいちゃんの願いはここで、カッコウダンゴを食べることだって

なにそれ?カッコウ・・・・

あずま屋からお団子を注文すると、対岸のお店から籠に乗って飛んでくるそうだ
(TVでも紹介されているらしいのよね)
東北名山 406


お店は9時にオープンだそうで、ちょっと時間があるので渓谷を眺めます
東北名山 408


400円をカゴに入れて木槌で赤い板を叩くと対岸の店でロープをしゅるしゅる~っと引いて
東北名山 409COLLAGE
団子が入ったカゴは傾斜を利用するのでサーっと団子が運ばれてきます

けっこうあっという間でした

お茶も入ってるんだよ 

お茶の上に団子を乗せてカゴの中でバランスをとってる感じ
東北名山 413
みたらし団子が美味しかった^^


Tさん、この団子食べるために朝食を抑えていたのか
どうりでお代わりしなかったわけだ・・・・・


次は平泉へ向けて車を走らせます

途中、「達谷窟毘沙門堂」へ(たっこくのいわやびしゃもんどう)

道すがらにあります
東北名山 416
征夷大将軍 坂上田村麻呂の創建だそうです


岩壁に建立された毘沙門堂は必見です
東北名山 418
岩に彫られた岩面大沸もありますが、よく見ないと見えない部分も
どうしてあんな高いところに掘ることができたの?って感じです

知名度は低いと思うんだけど、中尊寺や毛越寺よりも歴史が古い
人も少ないし、ゆっくり見れました


そして、毛越寺
東北名山 424PANOクリックで拡大します
慈覚大師円仁が開山


庭園ですので、よくお手入れされています
東北名山 430
ちょびっと色つき


水に浮かべた盃の流れに合わせて和歌を読む、平安時代の遊びが行われるそうです
東北名山 431


今日から萩まつり
東北名山 432


最後はここです
東北名山 436
中尊寺 弁慶堂
なぜか?・・・・ここは人だかりで人気がありました
(単なる団体客だったのか?)


こんな景色を見ると芭蕉の句を思い出します
東北名山 437
夏草や兵どもが夢の跡
五月雨の 降り残してや 光堂
奥州藤原氏の栄華の儚さを思ったとされる句

藤原氏が滅亡してから500年後にこの地を訪れた芭蕉の時代から更に329年後の今
国破れて山河あり・・・と感慨深いものがあります


もちろん、、またここも拝見しまして
東北名山 441


もう一つの名所へ向かいます


猊鼻渓


岩手には厳美渓(げんびけい)と猊鼻渓(げいびけい)

近くに同じ響きの名所があります
最初に行ったのは厳美のほうね


舟下りを楽しむものですが、ここは船頭さんが手こぎで上流まで漕いでいきます


最後の終点地
東北名山 453
大猊鼻岩
人との対比でどれだけ高いかわかります
そして右の茶色っぽい部分が獅子ヶ鼻と呼ばれる奇岩

ここに以前来たときは10月の中旬

紅葉の時期は綺麗なんだよ~


ここで雨がポツリ・・・・
東北名山 454
船頭さんも、早くけえるぞ~と^^;


最後の観光を終え

気仙沼へぬけます

雨はポツリからザーザーと変わったり、止んだりと忙しい


大船渡にて
東北名山 455COLLAGE
秋刀魚の刺身は脂のってます
牡蠣の生食は9/30~なのでフライと焼きで
また食べたい^^


復興途中の街や三陸道を走り、常磐道へ

日付が変わる頃には雨も止み

無事帰宅しました




一週間で4座登る山旅でしたが、天気がよければ、もうあと1個は行きたかった
(あんまり、ブッコミすぎると怒られそうだから。。。やめとこ^^;)

9月は一番雨が多いので仕方ありませんが、登りたかった山に行けたので大満足です

今頃。。。。

東北の山は紅葉が見頃かな^^

おしまい


追記を閉じる▲
一関の市街から栗駒山方面へちょいと戻ります

厳美渓へ
昨日寄ろうと思ったけど、陽が落ちるのも早いしね
しっかり景色を見たいと思ったので、本日朝から出かけます


Tおいちゃんの願いはここで、カッコウダンゴを食べることだって

なにそれ?カッコウ・・・・

あずま屋からお団子を注文すると、対岸のお店から籠に乗って飛んでくるそうだ
(TVでも紹介されているらしいのよね)
東北名山 406


お店は9時にオープンだそうで、ちょっと時間があるので渓谷を眺めます
東北名山 408


400円をカゴに入れて木槌で赤い板を叩くと対岸の店でロープをしゅるしゅる~っと引いて
東北名山 409COLLAGE
団子が入ったカゴは傾斜を利用するのでサーっと団子が運ばれてきます

けっこうあっという間でした

お茶も入ってるんだよ 

お茶の上に団子を乗せてカゴの中でバランスをとってる感じ
東北名山 413
みたらし団子が美味しかった^^


Tさん、この団子食べるために朝食を抑えていたのか
どうりでお代わりしなかったわけだ・・・・・


次は平泉へ向けて車を走らせます

途中、「達谷窟毘沙門堂」へ(たっこくのいわやびしゃもんどう)

道すがらにあります
東北名山 416
征夷大将軍 坂上田村麻呂の創建だそうです


岩壁に建立された毘沙門堂は必見です
東北名山 418
岩に彫られた岩面大沸もありますが、よく見ないと見えない部分も
どうしてあんな高いところに掘ることができたの?って感じです

知名度は低いと思うんだけど、中尊寺や毛越寺よりも歴史が古い
人も少ないし、ゆっくり見れました


そして、毛越寺
東北名山 424PANOクリックで拡大します
慈覚大師円仁が開山


庭園ですので、よくお手入れされています
東北名山 430
ちょびっと色つき


水に浮かべた盃の流れに合わせて和歌を読む、平安時代の遊びが行われるそうです
東北名山 431


今日から萩まつり
東北名山 432


最後はここです
東北名山 436
中尊寺 弁慶堂
なぜか?・・・・ここは人だかりで人気がありました
(単なる団体客だったのか?)


こんな景色を見ると芭蕉の句を思い出します
東北名山 437
夏草や兵どもが夢の跡
五月雨の 降り残してや 光堂
奥州藤原氏の栄華の儚さを思ったとされる句

藤原氏が滅亡してから500年後にこの地を訪れた芭蕉の時代から更に329年後の今
国破れて山河あり・・・と感慨深いものがあります


もちろん、、またここも拝見しまして
東北名山 441


もう一つの名所へ向かいます


猊鼻渓


岩手には厳美渓(げんびけい)と猊鼻渓(げいびけい)

近くに同じ響きの名所があります
最初に行ったのは厳美のほうね


舟下りを楽しむものですが、ここは船頭さんが手こぎで上流まで漕いでいきます


最後の終点地
東北名山 453
大猊鼻岩
人との対比でどれだけ高いかわかります
そして右の茶色っぽい部分が獅子ヶ鼻と呼ばれる奇岩

ここに以前来たときは10月の中旬

紅葉の時期は綺麗なんだよ~


ここで雨がポツリ・・・・
東北名山 454
船頭さんも、早くけえるぞ~と^^;


最後の観光を終え

気仙沼へぬけます

雨はポツリからザーザーと変わったり、止んだりと忙しい


大船渡にて
東北名山 455COLLAGE
秋刀魚の刺身は脂のってます
牡蠣の生食は9/30~なのでフライと焼きで
また食べたい^^


復興途中の街や三陸道を走り、常磐道へ

日付が変わる頃には雨も止み

無事帰宅しました




一週間で4座登る山旅でしたが、天気がよければ、もうあと1個は行きたかった
(あんまり、ブッコミすぎると怒られそうだから。。。やめとこ^^;)

9月は一番雨が多いので仕方ありませんが、登りたかった山に行けたので大満足です

今頃。。。。

東北の山は紅葉が見頃かな^^

おしまい

【2018/10/04 10:18】 |
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック