FC2ブログ

8/18 十勝岳

山の記録
08 /22 2019
8/17-20で北海道の山旅をしてきました!
17日の朝早い便で旭川入り
台風が北海道で低気圧に変わったばかりで、条件付きの運行情報になっていましたが、飛んでくれました^^

その日は美瑛の丘めぐりなどを楽しみ(その記録は後日。。。書くかな・・)

明日の十勝岳に備えて、早々にお宿へ
十勝岳の登山口に近い、白金温泉のホテルパークヒルズです
バイキングも美味しく、お風呂も源泉かけ流し(硫酸塩泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉、含鉄泉の複合泉)
少し茶色い鉄ぽい匂いが特徴でした


今日はあまり天気が良くない
美瑛の丘から十勝岳連峰を眺めようにも雲に隠れて全然見えず
残念でしたが明日はどうでしょうか・・・・





車で走ること10分くらい

朝の望岳台に到着しました
車の入りはそこそこでしたが、まだこの時間は空いていました

昨日に下見をしていたのですが、この建物の中にトイレがあります
聞くと24時間空いているとのこと
よく見ると、防災シェルターって書いてある^^;
20 十勝岳 旭岳 034
そりゃ~24時間あけっぱだわよね・・・


望岳台よりおはようございます
20 十勝岳 旭岳 037
これからあの雲の中へ突入
残念なことに時折霧雨も舞ってきます
しょっぱなから、雨具を装着


なだらかな道を延々と登ります
20 十勝岳 旭岳 039
吹上温泉との分岐

周りにはリンドウがたくさんありました

ガスで視界もないし、撮る物もないので、標識を
20 十勝岳 旭岳 040
雲ノ平分岐

黙々と登っていったら、突然ガスの中から現れた
20 十勝岳 旭岳 041
十勝岳避難小屋
ここまではわりと急坂もなくなだらかです

ここで雨具のズボンも装着

山頂までこの天気かしら・・・

ホント、撮る物がないので、リンドウを・・・・
20 十勝岳 旭岳 042
プックリしてかわいい
調度避難小屋の上辺りが見頃であちこちに群落がありました
夏の花が終わった後がたくさんあったけど、北海道は調度リンドウの時期なんだわ


避難小屋からは急な坂が始まります
ザレザレ、ゴロゴロ・・・
もちろん、周りの景色は何も見えないので、ひたすら下を向いて登のみ!
石の黄色いペイントを追って登ります

今日は私が先行ですよ

すると。。(笑)

20 十勝岳 旭岳 043
おちち岩?ガスの中から急に現れます
登山者のいたずらか・・笑っちゃいました

右を見ると荒々しい岩肌が見えてきました
20 十勝岳 旭岳 045
今、どこよ?・・・景色が見えないのでどこにいるんだか・・・・GPSで場所を確認しながら登ります
時折、硫黄の匂いも漂ってきました

おちち岩(勝手に名付け)を過ぎると、坂もなだらかになり、昭和噴火口に到着したようです(GPSより)

ここで一息いれます(ちかれたぜぃ)

周りは相変わらずなガス

休憩を終えガスの中平坦な道を歩いていきます
足元は随分と狭い稜線のようです(←ここ、摺鉢噴火口とグランド噴火口の間だった)

そこを抜けると広い稜線になったようです

そして、空が明るくなって薄日が!
20 十勝岳 旭岳 046
だだっ広い稜線になってケルンが見えています

おお!
20 十勝岳 旭岳 050
見えてきた!!!!
雲の上に出たようで稜線が見えてきましたぁ~^^もちろん、テンションUPですよ
Tおいちゃんもテンションあがったようす
今日は私が先行だっつーのに。。。
先にどんどん行ってしまいます

よ~く見ると、黄色の↑部分をひとが歩いてる
20 十勝岳 旭岳 054
稜線にも人がいるのがわかりました ↑先に行ってしまい言う事を聞かない人

ここで雨具を脱いで身軽になります
20 十勝岳 旭岳 056
私がストックでさしている方向は

二つの噴気孔からモクモクと勢いよくガスが出ていました
20 十勝岳 旭岳 057
右が大正火口 左が62-2火口

山頂の直下は荒々しい地形です
20 十勝岳 旭岳 059
右の稜線までひと登り
道があって無いようなゴロゴロざれざれなので、注意です

稜線に出ました
20 十勝岳 旭岳 061

稜線に出ると南西方向の山が見えますが雲の中
20 十勝岳 旭岳 062
ちょこっと富良野岳が見えてきましたが、、ここまでだった・・

振り返って登ってきた道を眺めます
20 十勝岳 旭岳 064
黒い火山灰の稜線にうっすら道が見えていました

ひと登りして


山頂に到着^^
20 十勝岳 旭岳 069

標識も撮っとこか
20 十勝岳 旭岳 067

登ってきた最後の登り
20 十勝岳 旭岳 072
モクモクも撮っとこか

これは南の方向
20 十勝岳 旭岳 068
最初はこっちが富良野岳かと思っていたけど、違うみたい
富良野岳はもっと右
で、、雲で見えない

山頂は広くなく大きな岩がゴロゴロ

どっち向いて休憩しようか。。。展望がある方にしました
20 十勝岳 旭岳 073
美瑛岳、トムラウシ方面です
ギザギザは鋸岳
でっかい稜線に登山道が付いています(ガスの時は要注意だそうです)

どれがどれの山だかわから~んで、あーでもないこーでもないと・・・
誰か北海道の人教えて~^^;って感じでした

お茶飲んで、パン食べてのんびり

するとTおいちゃんのお尻付近で動く物がいます
20 十勝岳 旭岳 075
ネズミみたいなモグラみたいな・・・
マットの下にもぐろうとかなり必死で動いていました
マットをはぐって払いますが、今度はマットにかじりつき^^;
どうらや凶暴な感じ

隣にいた登山者がそれは○○ネズミだよと教えてくれます(○○が思い出せない・・・)
一時間食べないと死んじゃうそうです

おいちゃん曰く、さっきからお尻をツンツンされて何だろ~って思ってたって^^;(確認しなよ~)

のんびり休憩してまた景色を堪能
20 十勝岳 旭岳 076
こっちの景色もいいんだけどな~

やっぱこっちか
20 十勝岳 旭岳 077
美瑛岳の向こうに大雪山も見えていました

右の山々は石狩連邦
DSC0790.jpg


ほんとに名残惜しい山頂
下山開始です

美瑛岳を見ながら慎重に下ります
20 十勝岳 旭岳 089
ここ、ザレザレなのよね・・・

浸食されたのかしら
20 十勝岳 旭岳 091
これを横目に下って

平な部分に到着
20 十勝岳 旭岳 092

最後の見納め ここから下はガスに突入ですから
DSC0795.jpg
クリックで拡大します


行きでは見えていなかった摺鉢火口
20 十勝岳 旭岳 097
右手に見えています

昭和火口を過ぎると激下りでガスに突入
20 十勝岳 旭岳 098

リンドウの群落
20 十勝岳 旭岳 100

避難小屋が見えてきた!
20 十勝岳 旭岳 104
黄色○は駐車場の望岳台
とお~い^^;

その右には白金温泉が見えてきた(黄色○)
20 十勝岳 旭岳 108

避難小屋にあった昇り旗とトレラン大会
20 十勝岳 旭岳 111-COLLAGE
ここまで選手が上がってきていました

ここからTおいちゃんは望岳台に向けてもうダッシュ!

私は歩いて、、途中歩くのやんなった~で
駐車場に到着

振り返ると、、、
火口が少し見えるかな・・
20 十勝岳 旭岳 114



望岳台5:36―6:14吹上温泉分岐―6:35雲ノ平分岐―6:59十勝岳避難小屋7:04―8:06昭和火口8:20―9:18山頂10:10―10:59昭和火口―11:37避難小屋―11:45雲ノ平分岐―11:58吹上温泉分岐―12:22望岳台


十勝岳は行きたい、行きたいのかなり上位に入っていました
前日、当日の天気からは期待が薄な山登りでしたが、途中から晴れてくれて展望もあったので運がよかったな~と思いました
火山のお山ならではのダイナミックな地形は見ていて飽きません
やはり登ってよかったと思える、期待どおりの山でした
今度は美瑛岳も行ってみたいと思います!

コメント

非公開コメント

トムラウシから

結局、同じ日、同じ時刻に見つめあってたということね (^.^)
(FBの日付修正しました...)

No title

K林さま
なるほど!18日がトムラウシでしたか!
十勝岳山頂からはずっと見えていましたよ~
まさか、K林さん達がそこにいたとは!^^

hiro

ひろ’S Barへようこそ!
山と自然と温泉と!
おいしいものをこよなく愛す、管理栄養士の日記です。
日々健康!そして・・・
感動する景色にいっぱい出会いたいです!