FC2ブログ

9/20-21 飯豊山

山の記録
09 /24 2019
念願の飯豊山です!
DSCiide0837.jpg

今回は長編ですよ~
やっと行けました
私の行きたい山のリスト、ほとんどがアプローチに時間がかかる、山中の行程がたいへんなものばかりで、天気と行くタイミングを考えると、なかなかGOできずにいました

この飯豊山もその一つ
絶対前泊必要な行程だけど、二日目以降の天気がどうも思わしくない・・・・

ということで、またまた前日移動の車中泊仮眠となったのでした
(ホントはやりたくないけどしゃーない・・・・)


9/19(木)夕方、出発
途中、佐野SAで佐野ラーメンの夕食です(あたし、お昼もラーメンだったのに。。)

磐越道に入り、会津坂下ICの一個前、新鶴PAで仮眠です(23時頃着いたかな 空いていて快適でした)

翌朝3時に起床して、会津坂下で高速を降りてコンビニで買い出し、登山口のある御沢野営場へ着きました(4時)

車は10台くらい止まっていたかな
敷地は広いので楽々とめられます

4時はまだ暗い時間です
またひと眠り・・・

少し明るくなってボチボチ準備開始
他の車からも単独者2名、テント男性2人組が準備していました

今日の長丁場を考えて、早めの出発
なんせ、今日は飯豊の本峰を踏むのです
翌日が天気がいいなら、本山小屋泊の大日岳二泊三日・・・・なんて考えたけど、雨の中、帰りの行程を考えると極力距離は短めにしたいということで、切合小屋泊の本峰往復にしたのでした

そうとなれば、気合を入れて、、、

出発!
P1160148.jpg
手前は駐車場、建物の後にトイレ棟


飯豊山は山岳信仰の山です
最初は神社の参道のような砂利道を10分くらい歩いて本格的な登山道の開始となります

ブナの中の急登が始まります
P1160151 (1)

長坂と呼ばれる道を下十五里、中十五里、上十五里と進んでいきます
ずーっと急坂でここら辺が最初の頑張りどころ
標識の周りは広場になっているので休憩にはいい場所でした
P1160152COLLAGE.jpg
でっかいキノコで驚いた~手のひらサイズ

調度、駐車場を同じ頃に出発した単独の男性と共に進んでいきます
この単独男性の方は70代の地元の方…来月のアルプスに向けて足慣らしに来たらしいけど、足慣らしが飯豊山って(すごいよ~)
お歳を考えると健脚です(あたしたちと同じペースなんだもん!)

この先、笹平くらいになると、急坂は終わるらしい・・・(おとーさん談)

木々の間から高い山が見えてきました
あそこまで行くのかな?
よく見ると小屋が見えました
P1160156.jpg
これから向かう剣ヶ峰も!
その下には登山道も見えてあそこを歩くのか~・・・と

今まで歩いてきたのが森の中なので展望がありませんでしたが、ここに来て見えるのはうれしい!
でも、、その遠さに、、やっぱり飯豊はたいへんだ!
はたして、山頂は踏めるのだろうか・・・と不安になりながら歩いていました


笹平を通過、横峰になると、いくらか道の傾斜は穏やかになり
P1160157COLLAGE.jpg
横峰で休憩 ほっとしたぜぃ~

道は稜線上になりトラバースするような感じで進んでいくと、地蔵の水場
P1160159.jpg
塩ビ管から水槽に水が入り込むのですが、外れていて、水が細い^^;
なんとか手に溜まった飲むと冷たくて、サイコーに美味しい水でした(ペットボトルの水なんて目じゃないね~なんて甘露なんでしょう~)

地蔵の水場から少し登ると、地蔵山への分岐です
(おとーさん曰く、地蔵山はたいしたことないから、行かなくていいと・・・はい。)
P1160160.jpg
右は地蔵山とか、五枚沢登山口の方面です
私達は左へ

まだまだ1450m地点です(山頂は2105mね)
それでも、御沢野営場(549m)から900mは登ったのね

ここまでブヨとかアブとか警戒してきたけど、いないのか気になりません
草むらの休憩の時はさすがにブヨがいたけど、お手製ハッカスプレーで撃退できました
(ホントは花の時期に来たいんだけど、ブヨとかが嫌だからこの時期なの・・)


地蔵山の分岐からは小さな湿地帯を横目に見ながら平坦な路を進みますが
すぐに、急坂になるようです
剣ヶ峰の登場~
P1160161.jpg
あのボッコリ緑までがんばろう~

右手はこんな風景
P1160163.jpg

振り返ると磐梯山と猪苗代湖が見えました
P1160165.jpg
田んぼの稲もいい色に色づいています

緑ぼっこりでヤレヤレ~と言いたい所でしたが、ここからが本番
急な登りが続く剣ヶ峰の岩場でした
P1160166.jpg
看板にはストックしまって、ここから剣ヶ峰と書かれています
先行者は同じく御沢を出発した若者2名
ワシワシ登っています

登ってもまだ先がある~
P1160167.jpg

剣ヶ峰に到着
P1160168.jpg
三国小屋まで0.2kとあるけど・・・

結構あるな~
P1160170.jpg
この剣ヶ峰は結構長い岩場になります
一番緊張したかも・・・・

この看板を目にしたら・・・・
P1160171.jpg
険しい岩場は終わり

着いたよ~三国小屋\(^o^)/
P1160173.jpg
もうね・・・山頂に着いたかのような気分と疲れ心地・・

一息つきますよ
トイレは小屋の中にありました
外壁は厳重なドアノブと重厚なドアです(豪雪に耐えなきゃならんもんね)

腰を下ろしていると細かい雨が当ります
この先どうなるのかな雨 合羽着るかどうか・・・
ちなみに、今回この山行の為に合羽を新調しましたの
もちろん軽量化しまして、上着118g+ズボン76gの軽さ
P1160175.jpg
これから越えていく山
ガスに包まれています

合羽は着ずに出発します
P1160174.jpg

三国小屋からは登山道の右側が山形県、左側が新潟県
登山道の参道は福島県の領域でキリンの首のように細長く、御西岳まで続きます
県境からもわかるように、飯豊神社と本山は福島県のもの~と主張しています


飯豊の花はもう終わり
センジュガンピ
P1160177.jpg
あとウメバチソウ、アキノキリンソウ、リンドウがあったかな

尾根道を進むといくつかの頂を越えていきます

アルミの梯子もありました
P1160178.jpg
ここが駒返し

七森付近も岩場があって切れ落ちてる感じでしたがガスの中
かなり岩もあった気がします
P1160180COLLAGE.jpg
種蒔山はピークは巻いたかな
でもここが一番登ったー!感がありました
三国小屋からいくつかの頂を越えてきたので、疲れました

種蒔山を越えたらこんな平和な路になった
P1160182.jpg
ガスだからどこをどお歩いているのかイマイチわからんのぉ

また登り?
P1160183.jpg

右手は草原
P1160184.jpg
草紅葉が始まっているのがわかりました

今日泊まる切合小屋はまだかしら・・
P1160185.jpg

霧が晴れたと思ったら、やっと見えました!黄色○
P1160186.jpg
小屋が見えました
見えてからが遠い・・・というけど、うれしい~☆もう、やっとだわよ・・
ここから少しくだると・・・・

お疲れ様でした!あたし!
P1160187.jpg
切合小屋に到着
まずは小屋の前で一息つきます

その時周りのガスが晴れておお~!!!景色が見えてコーフンします
P1160188.jpg
一番向こうが飯豊?

いやいや、本峰はその山の左に伸びた場所だよ、と、飯豊山頂を踏んで帰ってきたであろう人に教えてもらいます

そっか、、、見えないのか

一息ついたら、宿泊手続き
避難小屋なので基本的には寝袋、食事持参ですが、ここは食事を出してくれます
でも、管理人さんがいる時だけね
素泊まり3000円 二食付8000円(米三合持参の場合は7000円)

二食付をお願いすると、二階の端っこに通されました
今日の予約は5名だけど、増えるかもしれないから、まずは端っこね

お昼休憩してから・・・

トイレへ行って^^;
P1160189.jpg
トイレは別棟で、ここも重厚な造り ドアノブなんかガッチャンとかかるレバーだよ・・・

この小屋のいいところは、小屋の前に水がじゃんじゃん出ているところ
P1160190.jpg

さて、いらない荷物を置いて、出発します
P1160191.jpg
まずは目の前の草履塚を目指します
あの白い線は登山道かな

中腹まで行くとハクサンボウフウのお花畑
P1160194COLLAGE.jpg

振り返ると黄色○の切合小屋
P1160197.jpg
その上の一番高い場所が種蒔山だったのかしら緑の中に登山道がクッキリしていました

だんだん晴れてきた^^
P1160200.jpg

そして、たどり着いたてっぺんが草履塚
飯豊詣での登山者はここで草履を脱いだというところ
P1160201.jpg
ここで本山小屋を確認 その左が飯豊山です(ちょっと雲かかり)

いよいよ見えてきました!
ここからは私も登場します^^(いつもTオッサンばっかだからね~おばちゃんも)
P1160207.jpg
じーっと見つめてようやく来たよ 感慨もひとしお

今度は姥権現まで小さく下っていきます
P1160211.jpg
ちょっとここら辺は紅葉?

目の前には大きくそびえる飯豊山、大黄色○は岩場の御秘所
P1160213.jpg
手前の黄色○は姥権現

うわ~・・・最後の坂はすごくない?大変そうだよ←御前坂と言うらしい

姥権現に到着
P1160214COLLAGE.jpg
鞍部には白い衣を着たお地蔵さん
その昔、女人禁制だった飯豊山に登ろうと頂を目指した女性が石にされたというところ

その先は御秘所(おひそ・おひしょ)
P1160216.jpg
左右が切れ落ちた岩を登っていきますが、三国小屋の手前の剣ヶ峰ほどじゃないかな
距離も短いし

でも、切り立った岩の下はこんなですから注意は必要
P1160218.jpg
振り返って御秘所

いよいよ最後の登りの御前坂になりました
P1160221.jpg
この坂見て、もう泣きそ(><)と思ったけど、ここまで来たら、何がなんでも山頂へ行く!

ここまでの行程でかなり疲労していますので、辛い登りでしたが、段々と晴れてくるんですよ テンション
P1160222.jpg
振り返って黄色○が切合小屋
こっちもいい景色だわ~

ジグザクと砂礫の道を登ります
P1160223.jpg
ここら辺はアルプスの道に似てる

登り切ってなだらかになったら本山小屋と飯豊神社が見えてきます
P1160224.jpg
ここはテン場でした

本山小屋到着
P1160225.jpg
Tおいちゃんはコーラに飛びつき^^;コーラ片手に山頂へ

道は西向きになりなだらかに山頂まで伸びています
P1160228.jpg

大グラ尾根を右手に見ながら
P1160231.jpg

着きました
P1160232.jpg
ガッツポーズ

山頂は入れ替わりで独占
これまでの行程でも出会った人は10人くらいか?ってほど空いてます

山頂標識の向こうは草紅葉も始まって
P1160233.jpg
風がガスを時折どかしてくれますが、これが限界
飯豊連峰の主稜線は見ることができませんでした

大グラ尾根から人が登ってきているのがわかります
P1160234.jpg

本山小屋を振り返る
P1160239.jpg

北から風が吹き付けるので、南を向いて休憩していると熊?
P1160240.jpg
いやいや。。。人でした^^;
どうやら避難小屋の管理人さん達のようです
この下は県境です
そこを歩いています こっちは新潟側

そうこうしているうちに、切合小屋にいた男性3人も登頂
この方たちは切合に予約を入れていたけど、本山まで行けそうだからキャンセルしてきたと

大グラ尾根の人も山頂に到着
山頂からずっと見てたら、一人がものすごいラストスパートしてました^^;
どうやら山頂が見えたとたん、テンションが上がったとか
相方さんを置いてきちゃったと^^;

山頂からの景色が名残惜しいけど、そろそろ下山です
帰りたくない~久々に帰りたくないと思った山頂です

本山小屋でバッチを買って(二種類で1500円 ヒメサユリとイイデリンドウ)
トイレを借りて出発です

うわ~!!眺めがいい!
P1160243.jpg
切合小屋の向こうに三国小屋まで見える!

大グラ尾根の二人もこの景色を見に本山小屋の下まで来たようです
一人は梅花皮小屋(かいらぎこや)によく入る管理の方だそうです
今日は御西小屋に泊まるそうだ
梅花皮小屋、いい小屋だから今度泊まりに来て~と言われて、お別れ
うんうん!そっちも行ってみたいから行くよ!
P1160247.jpg
大日岳は雲の中

だいぶ下がってきちゃった
ここで見納めかな
P1160252.jpg
振り返って・・・未練タラタラの歩みです

今日の長丁場で腰が痛くて歩みが進みません
足は大丈夫なのに~
最後の草履塚の登りは痛かったな

切合小屋に到着です
P1160259.jpg

今日の行程を無事終えて、夕飯までブラブラ
P1160256.jpg
テン場です 今日は二張でした
↓は大日岳だけど、雲の中
明日は見えるかな・・・

夕飯はカレーライス^^朝ごはんは卵かけご飯!どっちも好き~
P1160257COLLAGE.jpg
カレーは最初は辛い!と思ったけど、食べているとあら不思議
調度良いお味になってスルスルとお腹に入ります
Tおいちゃんなんて、ずっと飲み続けられる。。。と男性陣は2杯お替りしていました
私は半分の半分をお替り
朝の卵かけご飯は言わずもがな・・・お醤油かけてサイコーだわ
ちなみに、、卵はボッカさんが運んでくるんだって
ありがたや~ありがたや~

今日の宿泊者は10人前後かな?
自炊の人達は自炊部屋があってそこで煮炊きしてました
(ほぼ、おとーさん年齢だったな・・・)
受付のカウンター兼、台所にはお湯のポットがあって自由に使用していいし、快適でした
2Fの登山客は結局4人(自炊組は1Fだった)
広いスペースでゆったりすぎるほど

Tおいちゃんはさっさと就寝しています
周りの男性陣もイビキかいて、寝てます
一人起きている私は喜多方のお酒を頂きながら(ちょびっとサービスしてもらっちゃった^^)
今日の登頂成功にコーフンしながら体を休めるのでした
小屋番さんが18時半には電気消しますね~と伝えにくるも、もうみんな寝ているし
(一応、起きてる私がはーい。と返事して)
寝る体制に入りました


9/20
御沢野営場5:25―6:23中十五里6:30―6:50上十五里―7:13笹平―7:27横峰7:39―8:10地蔵山分岐―9:00三国小屋9:20―10:40切合小屋11:25―13:10本山小屋―13:26飯豊山山頂13:56―15:15草履塚15:24―15:48切合小屋

続く

コメント

非公開コメント

hiro

ひろ’S Barへようこそ!
山と自然と温泉と!
おいしいものをこよなく愛す、管理栄養士の日記です。
日々健康!そして・・・
感動する景色にいっぱい出会いたいです!