FC2ブログ

10/20 浅草岳

山の記録
10 /24 2019
リベンジのお山!
今年の6月、守門岳の後に浅草岳へ登ろうと思っていましたが、生憎の天気でした
なのであっさりと浅草岳は取りやめ
次回は天気のいい日に登ろう!とリベンジでやってきましたが・・・・

今回も前回同様な天気です

これじゃ、山姿どころか、、、足元の景色も見えないよ・・な天気です
登っても意味ない!
いやいや、せっかく来たんだから・・・と
散々協議^^;しまして

登ることにしました

前泊はこないだもお世話になった浅草山荘

ここに泊まったからには浅草岳へ登らないと意味が無い!という立地です
最終的にはせっかく泊まったからには登ろうか・・・・
という複雑な気持ち

でも、うれしいことに、今回は温泉が出てました
前回は温泉供給がストップしていまして、大浴場しか使用できなかったのでうれしい
DSC0851.jpg
右が源泉の湯 左が普通の大浴場

この温泉、冷泉なの35度くらいかしら・・・
もうね、ジャンジャン出てかけ流し、湯船からバッサンバッサン溢れるの^^
いつまでも入っていられて気持ちがいい^^
大浴場は温度が高いから、交互に入ってました
DSC0849.jpg
クリックで拡大します
源泉は41℃だけど、注がれる頃には温度が下がってるのね・・

もうね、この温泉だけでもお得感がありますが、お料理も相変わらず、凄い量だった^^;そりゃ~玉風味も進みますって
浅草岳 八海山 003
いつもの容器の周りにはこの土地の季節の小鉢 もち豚の陶板焼まであるよ
味付けも良いのです(鱈の煮付けがおいしかった~^^)
もう、ご飯までたどり着けない感じ

朝はこれ
浅草岳 八海山 004
朝からガッツリ
山頂までもちそう・・

今回はお部屋も撮ったの
浅草岳 八海山 001COLLAGE
下:玄関の上がり框の奥も広々 その向こうは洗面所とトイレ
上:12畳のお部屋 空の冷蔵庫あり テレビ・・・期待しない方がいい(映りません前回と同じのやってた)

綺麗で快適です
最初、館内に入った時はカメムシのくっさーい匂いがして、この時期だから仕方ないか~・・(←昨年の大沢温泉と栃尾又温泉で免疫ができてるの)
お部屋もいるかしら・・と内心ヒヤヒヤしましたが、お部屋は全然そんなことない!カメムシ一匹も見ることはありませんでした ホッ

6月に守門岳の後に泊まった時は
→こちら


さて、翌20日の朝です
朝食は7時にしてもらい(当初は6時にお願いしてたけど、雨予報で遅らせたの・・登山客がいると6時にしてくれるんです)
浅草岳へ
エコミュージアムを過ぎると細い道になり、少し走ると開けた駐車場にでました

ネズモチ平登山口です
浅草岳 八海山 005
車は全部で10台くらいかしら
こんな天気で私達以外にも物好きがいるんだね~・・・
なんて話ていたら
マイクロバス到着物好きはたくさんいる・・・

幸い雨は降っていません

あのゲートから出発です
浅草岳 八海山 006
ガスで山が見えません
これからあのガスへ突入です

しばらくは林道歩き
浅草岳 八海山 008

ネズモチ平登山口です
浅草岳 八海山 010
ブナ曽根から登るので左←へ
向こうからの↓は下山で使用した桜曽根からの林道です

最初はなだらかな斜面です
でも足元は悪い
もうね、川になってるの
ずーっと川
ホントの川の渡渉は2回だったかな?・・・
ずるずる滑りながらの登りなので、写真がありません

1100m地点からは激登り!
浅草岳 八海山 011
ここら辺になってくると登山道の川は終わる

それでも息を整える平な場所もあり 
ガスの切れ間から山肌の紅葉が見え隠れしていました
偶然にもガスが晴れます^^
ぶわ~っと広がったブナ林の紅葉に思わず、うわ~っと声がでます
浅草岳 八海山 015
お!駐車場も見えるよ

駐車場アップ
浅草岳 八海山 014
撮る物もないからね~・・・こんなもんでも撮っとく

また激登りをこなして、周りの木々が低木になったな~と思ったらいきなり前岳に到着
浅草岳 八海山 017
桜曽根コースとの分岐でもあります

前岳からはなだらかになって草紅葉の草原が広がります
浅草岳 八海山 018
良い色に紅葉していました
陽があったら、黄金色でしょう
とても残念

ほんと残念な景色
浅草岳 八海山 019
方角からして、左前方に浅草岳の山頂が見えるはず!(見えないが・・・)

木道がたくさんあります 滑ります
浅草岳 八海山 020
上がり切った分岐を左へ行き
ググッと土道を登ると

山頂です
浅草岳 八海山 023
山頂には2~3人いたかな

そして、景色なし^^;
休憩しながらガスが晴れないかな~なんて思いますが、ガスは濃いまま
昨日の夕飯で出たデザートの笹団子とパンとココアで栄養補給
もね、、、朝ガッツリだからお腹すかないの

風が吹くと寒い山頂です
それでも30分くらいはいたかな

下山です

前岳付近の草紅葉はガスで残念だけど、幻想的と思う事にしよう
浅草岳 八海山 026
黄金色が見たかった

前岳分岐を過ぎると、すぐに六十里登山口との分岐
浅草岳 八海山 027
今度はこっちから来たい

桜曽根コースは木道がどこまでも続く
浅草岳 八海山 028
地図でもわかる通り、なだらかな尾根なのね
ずーっと草紅葉が広がります

こっちも低木が紅葉していました
浅草岳 八海山 029

赤とオレンジと黄色
浅草岳 八海山 030

ここら辺は色とりどりだったな~・・・・
浅草岳 八海山 031
ガスでもうれしかった

ぐぐっと登って「嘉平与のボッチ」
浅草岳 八海山 032
嘉平与のボッチってなに?って感じですが、ここはボコッとでています
嘉平与さんのオデキ?みたいなイメージ^^
六十里越コースには「ムジナ沢カッチ」と書いてある場所もあるし、名前が不思議
カッチってなんだ?これは是非、見に行かなくちゃ

ガスでどんな山姿なのか全然分かりませんでしたが、道は樹林帯へ

ここも途中から道が川だった~
浅草岳 八海山 034

後を振り向くと、ブナ林ですごい!
浅草岳 八海山 041

いや~。。。今回はここも綺麗だった
浅草岳 八海山 043
曇りでこの色ですもん晴れたらさぞかし・・コーフンするでしょう^^

だいぶ下ってきたら、林道と駐車場が見えました
浅草岳 八海山 045

桜曽根広場の上には浅草の鐘
浅草岳 八海山 047
下山途中から聞こえてきたのは、コレだったのね
私も3回鳴らしました

広場から林道歩きになります
浅草岳 八海山 048
右手の山から大量の水が流れている場所が数か所あります
道を横切って沢になっていました
靴、、最後に水没です^^;

なんとか合羽を着ないで帰って来れました
景色が見れなかったので、もうこれは絶対リベンジですよ!!


駐車場8:38―10:39前岳―10:55山頂11:26―11:43前岳―12:01嘉平与のボッチ―13:02桜曽根登山口13:09―13:32駐車場






浅草岳下山後は途中にあった「浅草山麓エコミュージアム」に寄ることにしました

エコミュージアムってなんだろね~そんな軽い雰囲気で寄ってみたら

浅草岳 八海山 050
あら立派

県立だもんね~

そして、周りはブナ林
浅草岳 八海山 049
どうやら散策路が設けられているようです
看板を見ていると、建物の中から職員のおじさんが、熊鈴もってきます^^;
散策路に入るんだったら熊鈴持っていってと

コースもいろいろ
浅草岳 八海山 051
クリックで拡大します

浅草岳に登ったし、そんなに歩かなくてもいいか。。ということでバリアフリーでも歩けるコースを選択

浅草岳 八海山 052
ブナの紅葉はもう少し先かな

湿原に出るとそこはもう、紅葉の世界
浅草岳 八海山 053

ここ良いね~
浅草岳 八海山 054

イロハカエデが調度見ごろ
浅草岳 八海山 056

おいちゃんはまた来たいと言っていた
浅草岳 八海山 057
建物の中に入って展示物を見て職員さんと話をすると、ここは6月くらい?からオープンだそうだ
その年の雪の量にもよるけど、今年はまだ50cmも玄関にあったそうです
オープンしたてもいいかも!残雪と綺麗なブナ林が見れると思います
浅草山麓エコミュージアム

今日は六日町にあるビジネスホテルへ

坂戸山の麓にある「ダフェールイン六日町」
もちろん、六日町温泉付のホテルです
魚野川と坂戸山が見える側のお部屋
新しい建物なので、綺麗でした 

次の日に続きます・・・・

コメント

非公開コメント

hiro

ひろ’S Barへようこそ!
山と自然と温泉と!
おいしいものをこよなく愛す、管理栄養士の日記です。
日々健康!そして・・・
感動する景色にいっぱい出会いたいです!