FC2ブログ

11/3 信越トレイル セクションⅣ 関田峠~仏ヶ峰登山口

山の記録
11 /07 2019
全長80キロにも及ぶ信越トレイルも後半戦に突入です
いよいよ関田山脈へ
朝食は6時半にしてもらい
信越トレイル セクション3,4 128
もちろん、ご飯の御櫃は空っぽ・・・

お宿の車で、送ってもらいます
下山口のとん平の駐車場に2台で行って、スタート地点の関田峠まで送ってもらいます
とん平テントサイトには昨日セクションⅢで会った男性のテントがありました

本ルートは仏ヶ峰→関田峠ですが、セクションⅣは逆走します
とん平からのゲレンデ登りが大変なのと、全体的に登り調子なので・・
宿の女将もそっちの方がいいと言ってました・・

なべくら高原に近づくと、鍋倉山のブナ林が一面に見えてきました
上はもう落葉ですが、茶屋池までの道は、見事!

は~、、やっぱり10月20日過ぎには来たかった(台風やらなんやらで来れなんだ・・・)

ということで、関田峠に到着
信越トレイル セクション3,4 129
こっちは新潟側 台風の被害で道路が通行止め

こっちが信州側
信越トレイル セクション3,4 130
車が2台くらい止まっていました

さあスタートです
信越トレイル セクション3,4 131

落葉の世界へようこそ
信越トレイル セクション3,4 133
落ち葉がザックザク ブナの葉っぱは硬く5年は残るそうです 腐葉土には向かないのね
ザクザクと気持ちがいいのですが、葉っぱの下に地面に何があるかわからないので要注意(根っ子があって滑ったもんな~あっぶない)

しばらくは平坦な路になっています
信越トレイル セクション3,4 135
ブナの木も短く、横に広がっている景色が続きます

これなんか、どうなっちゃってんの?
信越トレイル セクション3,4 134
根性通りこして、すごい生命力!
ブナは根っ子から出る毒で周りの仲間を殺して自分が成長できるようにするんだって(おそろしー

お行儀よく生えている場所もあるんですわ
信越トレイル セクション3,4 136

こんな横たわっている幹をまたいだり、くぐったり、たまに頭にぶつけたりで進んでいきます(もう3回もぶつけたよ
ちなみに、、ブナの木って硬いの、、、痛かったわ・・
信越トレイル セクション3,4 139

筒方峠です
信越トレイル セクション3,4 140

左には黒倉小池
信越トレイル セクション3,4 141

ここから黒倉山まで上り坂
信越トレイル セクション3,4 144

関田峠からはしっかり県境を歩いています

視界の開けた場所からは上越側 日本海まで見えてるよ
信越トレイル セクション3,4 145
こっちのブナの紅葉も綺麗です

光ヶ原高原
信越トレイル セクション3,4 148
台風の通行止めで光ヶ丘高原へは新潟側からも行けないそうです
綺麗な紅葉が広がっているのに、残念ですね・・・

尾根道を登って

黒倉山に到着
信越トレイル セクション3,4 149

新潟側が広がっていました
信越トレイル セクション3,4 151
米山と緑の屋根はグリーンパル光原荘

休憩です
山頂には新旧合わせて3つの標高が書かれた道標がありましたが標高の表示が全部違うの^^;
(1242、1245、1247・・・)正解は1242mかね・・・

次は鍋倉山へ
信越トレイル セクション3,4 154
一旦下って

久々野峠
信越トレイル セクション3,4 155
真っ直ぐは巨木の谷 森太郎とかの方面かな

登りながら振り返ると、ここら辺は新潟側の眺めがいい
信越トレイル セクション3,4 156
米山と右は刈羽黒姫山

オオイワカガミの葉っぱが両脇にたくさんある道をほぼまっすぐ登っていくと

鍋倉山に到着
信越トレイル セクション3,4 159
ここも山頂は木々に覆われて周りは見渡せません
春先なら大展望かね~

山頂から少し空いていた方面からは妙高火打
信越トレイル セクション3,4 160
またまた休憩です

全体的にトレイルマップより早く到着していますので、休憩バッチリとってます

鍋倉山を後にしてどんどこ下って行きます
かなり長い下り
やっぱり、最後の疲れた体でここを登るのしんどいな
逆走にしといてよかった

これから向かう山々が見えていますが
それ何のポーズでしょ?
信越トレイル セクション3,4 162
山だよ山!
これから向かう山だから、山ポーズ
だそうだ・・・

小刻みのアップダウンはしています

1194m地点の④-7
信越トレイル セクション3,4 167

振り返って鍋倉山
信越トレイル セクション3,4 173
県境の尾根沿いを歩いていますので、しっかりアップダウンしています

のぼって~
信越トレイル セクション3,4 174

てっぺんからは新潟側がよく見えます
信越トレイル セクション3,4 176

今度は何のポーズでしょ?
信越トレイル セクション3,4 177

信州側が見渡せます
信越トレイル セクション3,4 180
毛無山の左には苗場山も

尾根道はだんだん狭くなりヤセ尾根になります
信越トレイル セクション3,4 186
これ、振り返ってます
周りに木々があるけど、断崖絶壁なの
新潟側は強風が吹き付け浸食された為かなりの急峻な地形です

この関田山脈は豪雪地帯
大陸からの寒気がまず一番最初に当るのがこの関田山脈だそうで、一番先に雪を落としていくからだそうです
(次は谷川とかね・・・)
ブナも曲がるわけだ~・・

左の長野側はなだらかで結構木々があるけど、右の新潟側はストンと落ちてるの
信越トレイル セクション3,4 187

道幅は落ち葉の分だけ
信越トレイル セクション3,4 188
踏み外すと、落ちるわよ

ヤセ尾根が続く信州側の斜面をみるとだいぶ紅葉ラインまで降りてきたのがわかります
信越トレイル セクション3,4 190
アップダウンだけど、ゆっくり下降しているのよね

ちょっと広くなったブナ林にでました④-6
信越トレイル セクション3,4 191
ここ!ここでお昼!ガイドにも書いてあった、お昼をするならココ
あとは稜線だもんね・・・・場所もないし

ま、、だーれも来ないし、登山道に座ってブナ林を見ながら
信越トレイル セクション3,4 194
鍋倉山までは人がいましたが(2~3人かなキノコの人と登山客1人と)
全然人に会いません
トレイル中なら、とん平のテント男性とすれ違うはず!と思っていたけど、来ず・・・
まあ、、ここら辺の稜線はもう紅葉が終わりだからかね。。

十分休憩をとって出発です

小沢峠へ向けてまたアップダウン
信越トレイル セクション3,4 195
どこの山まで行くのかね~見えてるあれかね~

小沢峠からもとん平ゲレンデへ降りれますが、しっかり仏ヶ峰まで登ります
信越トレイル セクション3,4 200

のぼって~くだって~のブナ林
信越トレイル セクション3,4 205

1140の仏ヶ峰は三角点のみ
信越トレイル セクション3,4 207
道標はなし

ここから800mラインまでどんどこ標高を下げます
この間、女性二人組に会います
仏ヶ峰登山口から小沢峠を経由してぐるっとできるからそのコースでしょうね


紅葉地帯に突入
信越トレイル セクション3,4 209

信越トレイル セクション3,4 211

これ、でっかい木だった~
信越トレイル セクション3,4 213

あと0.8キロ
信越トレイル セクション3,4 214

信越トレイル セクション3,4 215

信越トレイル セクション3,4 216

ゲレンデの上に出ました
信越トレイル セクション3,4 224

また山の中へ
信越トレイル セクション3,4 227

信越トレイル セクション3,4 231

信越トレイル セクション3,4 233

昨日と同じ仏ヶ峰登山口に到着
信越トレイル セクション3,4 235
後の山の中を降りてきました

やっぱ、ここら辺が一番きれいだ
信越トレイル セクション3,4 236

また昨日と同じ場所で最後の休憩をしましょか
信越トレイル セクション3,4 237

休憩終わったらゲレンデをトコトコ やっぱ車は2台 うちとさっきの女性組のかな
信越トレイル セクション3,4 242
右の黄色の建物の中にトイレあり

振り返って仏ヶ峰 一番右かな?右から左に歩いてきました
信越トレイル セクション3,4 245

駐車場の前には
お小夜の涙の山水
信越トレイル セクション3,4 243
名前からしてなんか言い伝えがありそう^^;

戸狩トレイルをいうのもあるらしい
信越トレイル セクション3,4 244クリックで拡大します
お小夜滝っていうのがあった^^;


関田峠8:07―9:01黒倉山9:11―9:30鍋倉山9:45―10:48ブナ林④-6 11:28―11:46小沢峠―12:46仏ヶ峰登山口13:12―13:27とん平テントサイト





今回一番楽しみにしていたのは鍋倉山近辺でしたが落葉
解ってはいましたが、この機会を逃したら、トレイルの続きは来年の春になってしまう・・・
結果、天気も良かったので、来てよかったと思いました
また鍋倉高原も含めて雪のある時期、ブナの根開きの頃も来てみたいと思いました

おしまい

コメント

非公開コメント

hiro

ひろ’S Barへようこそ!
山と自然と温泉と!
おいしいものをこよなく愛す、管理栄養士の日記です。
日々健康!そして・・・
感動する景色にいっぱい出会いたいです!