FC2ブログ

ひろ’S Bar

山登りと自然と温泉と…おいしいもの!

0

11/16-18 魚沼~十日町

久々に親と旅行です
(覚書)
山ばっか行って全然実家にも帰らないので、たまには親孝行しないとね~
ということで、一緒に新潟へ行ってきました
母は新潟出身ですが、湯沢、魚沼はいつも素通りで観光らしい観光をした覚えがなかったそうです
ほんじゃ、そっち方面行ってみっか~

高速を赤城SAまでくると、前方の谷川は雲の中
それもドス黒い^^;
やっぱり、天気予報通りだね
南は晴れなのに・・・
水上を過ぎてからだんだん雲が厚くなるけど、周りの紅葉は素晴らしかった
うわ~!!綺麗~!と二人で連呼しますが、新潟に入ると、紅葉はこんなもんじゃなかった・・
関越トンネルを抜け、高度をどんどん下げると、里山は紅葉真っ盛り!!
雨でもこんなに綺麗なんだから、晴れたらどんだけのもんでしょ~
もうね、、色が濃い!

まずは、前から行ってみたかった「関興寺」
味噌なめたか・・・・のお寺
18 当間高原 貝掛温泉 001
↑しっかり味噌なめたか・・・の看板があります^^;

なめたか・・・の云われはこれです↓新潟県のHPより
上杉謙信の没後、天正6年(1578年)に景勝・景虎二子による家督相続争いによって起きた御館の乱(おたてのらん)では、総門・三門・仏殿・法堂・方丈・禅堂・塔頭7ヶ寺に及ぶ大伽藍は、ことごとく焼失してしまいました。
この火事のなか、上杉氏寄進の大般若経600巻は、燃えないように味噌の桶の中に埋められ、戦火から逃れることができました。
以降、経文を守った味噌の噂が広まり、その御利益から味噌を分けて下さいと関興寺に参拝する人があとを絶たなかったといわれています。
そして、「関興寺にお参りして有難い味噌を頂きましたか?」の問いかけの言葉として「味噌なめたか」という言葉が生まれました。


18 当間高原 貝掛温泉 003

18 当間高原 貝掛温泉 004
調度紅葉の見ごろを迎えていました

本堂でっか!入りきらない
18 当間高原 貝掛温泉 005
本堂に入ってお参りします
お茶のサービスもあって、しっかり味噌もなめてきました^^
ありがたや~ご利益ありそ

お庭は枯山水だし
18 当間高原 貝掛温泉 007

池の苔もいいし
18 当間高原 貝掛温泉 011
これで拝観料取らないのよ

前に行こうと思って寄った時は法要か何かで入れなかったので来れてよかった
おススメしたい場所です
こことセットで以前にも行った雲洞庵の土踏んだかに行こうと思ったけど、止めました(まだ、別のお寺行くしね・・・)


次は外山康雄 野の花館
ここも季節を変えて来たいギャラリーですが、また同じ時期になってしまった
でも面白い物があった^^

ミョウガに唐辛子か何かを置いてあるのかと思いきや・・・
赤はミョウガの実!
18 当間高原 貝掛温泉 013
実がなるとは驚きでした それも赤い
希に実が生るそうです(初めて見たよ・・・)
いつも食べてるのは芽なんだわ
外山さんご本人が教えてくれ、珍しいから写真撮っていってと^^

ギャラリーは水彩画の前に実物の野の花が植えてあります
どれも山で見るものばかり
お茶を頂いて、ゆっくりした時間を過ごしました(優しい絵に和むわ~)

次は鈴木牧之記念館に行って塩沢紬をじっくり。。。

昼は魚沼の里の長森でした
18 当間高原 貝掛温泉 014COLLAGE
鶏肉の入ったつけ蕎麦
下はキノコもりもり入ったあったか蕎麦(蕎麦までたどり着くのが大変だったそうだ 母談)

次は石川雲蝶の世界
「西福寺」→こちら
以前にも来たことがあって良かったのでこちらにも寄ってみました

また六日町まで戻り、八箇峠を越えて(ほぼバイパスで早かった)
十日町へ

今日のお宿はあてま高原ベルナティオ
18 当間高原 貝掛温泉 019
ロビーはクリスマス

お部屋はあら、、かわいらしい(いつもお宿はお布団なので、こういう部屋はかわいらしく見えるの)
18 当間高原 貝掛温泉 016COLLAGE
お茶請けは安田ラングドシャ等
窓の外はすぐゴルフ場

ホテルは横長なので、移動が大変です
食事はバイキングでしたが、その会場が別館なので、廊下を延々と歩きます
いい運動だと思えばいいか。。。。
でも食事の質は高かった!
いつもそんなにデザートはすすまないんだけど、思いのほか食べました(ヤスダヨーグルトのムースもあったのよ~)
もう、、満腹

もちろん、次の朝も満腹^^

ベルナティオは敷地内に体験できる施設がいろいろありまして、一日、遊べそうです
朝食後は申込んでおいた朝の散策へ
18 当間高原 貝掛温泉 032
当間のブナ林の散歩に行ってきました 雨だけどね・・・

もちろん、ブナは落葉ですが、それでも楽しめます
18 当間高原 貝掛温泉 021

低木は紅葉しています モミジかな最後まで紅葉しています
18 当間高原 貝掛温泉 022
魚沼スカイラインから当間山はすぐそこ
その下にある、あてま高原から登ると美しいブナ林を歩けます
いい時期に登ってみたかったけど、今季も機会を逃してしまった
春の芽吹きの頃にも来たいと思います(広大だから迷うかな^^;)
18 当間高原 貝掛温泉 028
ブナの山は水が豊富
落葉した葉っぱの層にたくさんの水を蓄えて、それが沢の水となり、田んぼに使われるんですね
散策路にもその水がじゃんじゃん沢となって流れていました
ブナの山に入る時は水要らず・・・・ってほんとね

ブナ林はホテルより標高が高いので落葉ですが、ホテル周辺は紅葉真っ盛り
18 当間高原 貝掛温泉 035
バスの中から 笹団子マスコットの向こうに紅葉を見ながら

チェックアウトは11:00なので部屋で少し休んで出発します
18 当間高原 貝掛温泉 036
雨の中、ゴルフ客が続々とプレーしています

ここから十日町の街を抜けて、星峠の棚田、美人林と向かいますが、道路沿い、調度目線と同じ高さの紅葉が綺麗だった~
谷筋の紅葉、川沿いの紅葉が特に色が良い
ドライブしているだけで、堪能できます
残念ながら私はドライバーなので画像無ですが、ホントにすごいんだから!
山全体がオレンジ!
こんなにすごいとは思わなかった・・・

で、星峠の棚田にきました
18 当間高原 貝掛温泉 038
来たけど、母、ふ~ん・・・て感じだった
まあこういう風景の中で育ったからね(ちなみに、母の田舎は米農家です)
特に・・・ということで、早々に立ちます^^;

次はお昼
全然、お腹空いてないけど。。。夜、おいしく食べる為に、今、食べる

来たのは、ここ→峠の茶屋 蔵 まあこの辺にはここくらいしか、ご飯できる場所が無いし・・
以前に来たときは、お蕎麦かなんか食べた・・・
ぽつんと一件って感じなので、混むんだろうな~と思ってたけど、そうではなかったみたい
つい最近、アマゾンで「孤独のグルメ」を見てたら、峠の茶屋が出てきたの!
前回はここの定番メニューを全然見逃していたので(蕎麦なんか食べている場合じゃなかった)
松重豊も、う~ん・・と唸ったあのメニューを!(来たからには食べないと)
18 当間高原 貝掛温泉 041COLLAGE
上は鍋焼きうどん→母曰くだし汁がおいしい
下は釜めし→だしがおいしい!
ほんとに美味しい!!
米も立ってるし^^普段ご飯は残してしまうけど、、、私、全部食べました!(お腹いっぱいのはずなのに。。。どんどこ入るんだこれがまた!)
それくらい美味しい
母も大満足で、ここにお手伝いに来たいくらい。。。などと言っていました^^;
(ご夫婦二人でやってるお店だから忙しそうなの)
今度、来る機会があるかな・・・・別のメニューも食べてみたい^^


お腹いっぱいで今日のメイン
美人林へ
18 当間高原 貝掛温泉 046
調度、紅葉もいい感じです

いつもの池のところ
18 当間高原 貝掛温泉 053
橋から

橋の下方面
18 当間高原 貝掛温泉 054
調度人も少ない時間帯でよかったです
棚田はイマイチだったみたいだけど、ここは母もいいわ~と美人ね^^だって


国道353で塩沢方面へ
調度、昨日来た塩沢の「関興寺」に出ます
一周してきた感じね

湯沢の駅でお土産の買い物して

今日のお宿、貝掛温泉へ向かいます

清津川を渡る為に川に向かって下りていきますが、えらい急です(冬は四駆じゃないとダメだそうです)
橋は車一台分の幅
渡りきると、左右柵が無い道(ここ、怖かった・・・)を通ると宿です
玄関から雲がとれた山が見えましたが上の方は雪景色でした
冬はすぐそこ!という感じ

秘湯を守る会のお宿
貝掛温泉と言えば、目に効く温泉で有名
一度泊まってみたかったのです
18 当間高原 貝掛温泉 064COLLAGE
建物内部はぴかぴかに磨かれ
チェックイン時に目薬の木のお茶が出ました
もうここで目が増々よくなった気分♪(私、目はいいのですが・・^^;)

お部屋に入ってくつろぎます
18 当間高原 貝掛温泉 069

お部屋の窓から
18 当間高原 貝掛温泉 070
向こうの建物は玄関と食堂がある建物 廊下で繋がっています
池には鯉 この池は温泉水
貝掛温泉の源泉は36~37℃くらいなので冷たくなった排水の温泉を入れているそうです
それでも池からは湯気がたっていました(外は寒いからね~)
鯉も入浴中です^^

廊下が長い・・・
18 当間高原 貝掛温泉 072

お風呂は大きい露天風呂(源泉かけ流し)がある方が最初は男性用なので、女性は泊まらないと大露天風呂にはと入れない(夜の7:00くらいで交代)
もちろん、女性風呂にも源泉かけ流しはあるけど、大露天風呂の近くに源泉があるので、そっちの方がよりフレッシュなのです
源泉風呂と熱い風呂がありますが、もちろん、源泉風呂で長湯
気泡が身体に付きはじめ、じわ~っとしてきました 何度寝そうになったことか
注ぎ口で目をバチャバチャ洗います
目に水が入っても痛くない!
なんでも、目薬のサンテと同じ成分だとか・・・なっとく・・
入る度に目を洗いました^^

夕飯です
18 当間高原 貝掛温泉 077COLLAGE
もち豚は臭みがなく美味しい

薬膳粥だそうです 胡麻を摺っていただきます
18 当間高原 貝掛温泉 080COLLAGE
もう、こういう料理の方が胃にやさしくてよい・・

でも、こういうのが出ると飲みたくなる
岩魚の塩焼き、ソフトシェルクラブ
18 当間高原 貝掛温泉 081COLLAGE
コシヒカリアイス(柿の種がうさぎの耳がわり)

全体的には、おいしくいただきました
が!お米が硬かった!何かの間違い?と思ったけど、翌朝も同じ硬さだったから、ここはこの硬さなんだと思う
結構一生懸命噛む感じ
咀嚼が多ければ健康に繋がるから、それが狙いか?
あとは、汁物のだしがインスタントだったー!残念

新聞が置いてあるお部屋 本もあります
18 当間高原 貝掛温泉 075COLLAGE
廊下には稲 重たいほどお米が入っていました 一粒一粒が太ってる

夕飯の後は大露天風呂へ行きます
外は寒いので入るのに勇気がいりますが^^;
入ればこっちのもん

おやすみなさい
18 当間高原 貝掛温泉 090

朝ごはんは栃尾の油揚げがでました^^
18 当間高原 貝掛温泉 091COLLAGE
左上、のどぐろの炙りがでたけど、、小さい・・・
今朝の味噌汁は美味しい ちゃんとだしをとってるようです

玄関にある俵
18 当間高原 貝掛温泉 093
チェックアウト時に他のお客さんは次回の予約をしている人が多かったです
夏は冷泉でいいけど、これからの時期、源泉に入るには勇気がいるな~

朝から晴れ
青空も出て申し分ない天気でしたが、今日は帰る日です
昨日がこんな天気だったらいいのね・・・
帰りは国道17号を群馬方面へ
苗場のゲレンデには雪がこんもりと塊になってあちこちに置いてありました
街は閑散として周りの木々は落葉して寂しい感じですが、もうすぐ雪遊びで賑わうことでしょう(12/7オープンだって)

群馬に入り、道の駅 たくみの里から谷川岳方面を見るとかなり下まで雪景色でした
道の駅にあったわらアート
18 当間高原 貝掛温泉 094
かなり大きくて立派!

渋滞なく、帰ってこれました
おしまい

コメント

非公開コメント
My profile

Author : hiro

ひろ’S Barへようこそ!
山と自然と温泉と!
おいしいものをこよなく愛す、管理栄養士の日記です。
日々健康!そして・・・
感動する景色にいっぱい出会いたいです!

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

プロフィール

hiro

Author:hiro
ひろ’S Barへようこそ!
山と自然と温泉と!
おいしいものをこよなく愛す、管理栄養士の日記です。
日々健康!そして・・・
感動する景色にいっぱい出会いたいです!