FC2ブログ

ひろ’S Bar

山登りと自然と温泉と…おいしいもの!

0

6/27 飯士山

週末は新潟へ行ってきました
雨ですよぉ~
土曜日はまず飯士山

県境の三国山か?とも思いましたが、群馬側はヒルが出るし、雨上がりだしで、止めにします
新潟側は車が2~3台は置けそうでした(帰路に確認)

で、高速から近い飯士山となったわけです
ほんとは春に登りたかったけど、自粛で行けなったの

案の定、、お花は全然なかったです^^;
ゲレンデは蕨の海になってたし

ゲレンデの下に車を止めて出発~
iiziP1170641.jpg
山頂はガスがかかったりして

周りの山も雲の中、ガスが渦巻いてます
この黄色の花がたくさんありました なんて名前だろ・・・
iiziP1170643.jpg
ゲレンデの下の方では山菜とりの人が一組いましたが、何とってるんだろ・・・・姫竹?こんなとこに生えるの?

ゲレンデをトコトコ登っていきます
陽が出ると日差しがジリジリ痛いです
湿気もムンムンなので暑い

青〇のリフト乗り場まで行ったら休憩しよ
iiziP1170644.jpg

で、着きました~ここから山道に入ります
iiziP1170645.jpg

その前に休憩じゃ
iiziP1170646.jpg
ゲレンデを吹きあげてくる風が冷たくて心地いい~♪

山道に入りますと風がピタっ
iiziP1170647.jpg
でも、なんとなく涼しい山の空気です

滑る登山道 泥状の道にはロープあります
iiziP1170648.jpg

山頂見えてきた あの白いのはなんだろ?青〇
iiziP1170649.jpg
登って行ってわかりました
白い部分は分岐を過ぎてからのザレ場でした

お花探すけど、、無いよ・・
iiziP1170651.jpg
蒸し蒸しの歩きです
なんでこんな暑い日に低山なの?と毎年のことながら思います

分岐を過ぎてからのザレ場 例の下から見えてた白い部分
iiziP1170654.jpg
登りはいいけど、下りは難儀しますな

岩場を過ぎて安堵
iiziP1170655.jpg
振り返ると登山道 青〇
ゲレンデの下にはうちの車も見えるよ 山菜とりの車とうちの車の2台のみ
誰も登らないよね~・・・こんな暑い日に

湯沢駅
iiziP1170656.jpg

山頂到着
iiziP1170657.jpg

iiziP1170659.jpg
山頂は10人もいればソーシャルディスタンスが取れないくらいの広さ

しばらくすると舞子側から一人上がってきました

舞子側と六日町方面
iiziP1170661.jpg

こっちは下山方向 岩原スキー場 右のリフト終点まで行きます
iiziP1170662.jpg

山頂で座ると風が来ないけど、立つと涼しい風が来ます
しばらく休憩して下山
iiziP1170665.jpg

ガレ場を通過して分岐を過ぎると、また岩場がありました
iiziP1170666.jpg

降りてから看板 東の壁と言うそうです
iiziP1170667.jpg
看板等新しいよね…登山道も綺麗に草刈りされて、とても快適に歩けました

リフトトップに到着
iiziP1170668.jpg
さて、ここら辺で休憩とも思っていましたが(ゲレンデの風が涼しいしね)
景色のいい適当な場所がありません
そのまま下山することにしました
最初はリフトトップのすぐ下、ジャイアントコースからゲレンデを下ろうと思いましたが、蕨の背丈が半端なくて^^;
足元も見えない中の急斜面なので断念
迂回コースから下ります

下降地点から飯士山
iiziP1170670.jpg

ゲレンデの中 アザミがたくさん
iiziP1170671.jpg

なんか・・・外国のような風景だわ
iiziP1170672.jpg

戻ってきました
リフトトップからのジャイアントコースで真っすぐ降りてこようと思ったけど、右側を迂回しました
iiziP1170673.jpg
ちなみに、、スキーの時はこんな感じ⇒雪の岩原スキー場

8:34駐車場—10:17山頂10:43—12:02駐車場






お昼に下山したのでお腹が空きました
そして、塩分を欲しがっている体!
もう、ラーメンしかありません ということで
「ラーメンひぐま」の塩沢店へ しょっぱいスープが体にしみるのです
すっかり汗で冷え切った体、冷たいものばかり飲んでいた胃に温かい食べ物はホッとします

お腹を満たし、次へ向かうは食後のデザートでしょ
いつもの「魚沼醸造」へ(こっちへ来たらもう、絶対外せないコースです)
麹ソフト、甘酒コールドを食します
(今度は冷たい物だよお腹だいじょぶかいな・・)
相変わらず濃厚な麹ソフトでした

15:00お宿へチェックイン
須原の毎度おなじみ、「小西屋」へ
iiziP1170674.jpg
iiziP1170675COLLAGE.jpg
相変わらず、山菜メニューでうれしい限りです 鮎の塩焼きも香りがいい
デザートは梅の葛切り
ご飯にたどり着けないほど量が多い ご馳走様でした

なぜ須原の宿にしたかというと、この時期はこれしかないでしょう
浅草岳のヒメサユリ
乙女百合を見に行きたいのです
明日は鬼が面山まで行く予定ですが、またもや天気が悪い
完全に雨っぽいのです
もう、どれだけタイミングが悪いのでしょう
去年の6月に守門の後に登ろうとして断念
秋に登頂するも雨こそふらなかったけど、ガスの中でどこ歩いてんでしょう~?って感じの山行
そして、今回 縁が薄いのね・・・

ということで、次の日の出発ギリギリ、最後まで粘り雨レーダーを見ますが止めました
iizziP1170677.jpg
朝食はどっちになるかわからなかったので、おにぎりにしてもらってたの🍙
そして、雨の中、6時には宿を出ました

さて、、することもないので、入広瀬の道の駅で仮眠します
車に打ちるける雨の音がなんだか心地よくてよく眠れました(爆)

もちろん、この後はお決まりの栃尾の油揚げコースとなります
早朝から営業している「揚げ正」へ早朝だったので揚げたてが食べれました^^
iiziP1170678COLLAGE.jpg

もう一軒行こ
「越後栃尾本舗」
駐車場に着くと、まさに今揚げている!という匂が漂ってきています
iiziP1170680.jpg
こちらも、揚げたての熱々を食し・・・もう、お腹いっぱい

お土産は星長豆腐店でお買い上げ
ここの油揚げはずっしり重たいのです
豆腐プリンも絶品!(←これは車の中ですぐ食べた・・・)
おぼろ豆腐も美味しいの^^

帰路は山古志経由で
P1170682COLLAGE.jpg
国指定重要無形民俗文化財 越後山古志 牛の角突きは有名
歴史は古いらしい、、1000年以上も前?
鈴木牧之(すずきぼくし)の時代には北越雪譜に乗せようとしてたとか。。。
機会があれば見てみたいものです

最後は山古志と魚沼を結ぶトンネル
iiziP1170688.jpg
手掘りのトンネルで日本一長いトンネルを見学できます

入口です 暗いよ、、、ヘッデン持って~
iiziP1170689.jpg

振り返って 立派な駐車場完備 ポツン
iiziP1170690.jpg

もちろん、車が通れる現代のトンネルはお隣に
iiziP1170691.jpg
こちらは平成10年に開通したそうだ

入ると、パッと灯りがついた
iiziP1170693.jpg
なんだ~・・ヘッデンいらないね
だんだん進むにつれて、気温が下がり、、ひんやり

すぐに通行止めになって
その先はこんな感じ
iiziP1170694.jpg
静かです 水の滴る音がいい感じ

ツルハシとかで掘った跡が岩壁に残ってます
iiziP1170695.jpg
昭和8年~16年かけ昭和24年に開通したそうです
すごいよね~手堀だよ 豪雪地帯の人達が掘るしかない!そうせざるを得なかった当時の人の熱意が伝わってきます

引き返します
iiziP1170696.jpg
土木学会選奨土木遺産だそうですよ


この後は農産物直売所へ二か所寄りまして、帰宅です
頑張って、月夜野まで下道で!

おしまい

今日の一言:お山のヒメサユリ、見たいな~・・・

コメント

非公開コメント
My profile

Author : hiro

ひろ’S Barへようこそ!
山と自然と温泉と!
おいしいものをこよなく愛す、管理栄養士の日記です。
日々健康!そして・・・
感動する景色にいっぱい出会いたいです!

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

プロフィール

hiro

Author:hiro
ひろ’S Barへようこそ!
山と自然と温泉と!
おいしいものをこよなく愛す、管理栄養士の日記です。
日々健康!そして・・・
感動する景色にいっぱい出会いたいです!